最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

IEEE 9 母線潮流

この例では、9 母線の三相電力システム ネットワークのモデルについて説明します。この例は、IEEE のベンチマーク テスト ケースに基づいています。詳細については、「Power System Control and Stability」 (P. M. Anderson および A. A. Fouad 著、IEEE Press、2003) を参照してください。Simscape™ は、発電機のうち 2 つを指定した電力および端子電圧に初期化し、残りのスイング母線発電機を指定した電圧のみを満たすように初期化します。結果の潮流計算の解は、シミュレーション後に各母線に付加されます。4 つの行はそれぞれ、位相、pu 電圧、有効電力、無効電力に相当します。母線 1 を見ると、スイング発電機が 76.4 MW の有効電力と 27.5 MVAr の無効電力をネットワークに供給していることが、注釈から確認できます。元のベンチマークとの違いは、使用されている伝送線路モデルと変圧器の構成によるものです。

Copyright 2008-2019

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、シミュレーションの途中で 50 MW の負荷を母線 6 に追加したことによる動的応答を示しています。スイング母線が供給しなければならない追加の有効電力と無効電力を確認できます。