Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

AM ラジオ受信機

この例では、単純化された AM ラジオ受信機を示します。2 kHz の単音信号が、搬送周波数 600 kHz で伝達されています。共振回路の可変コンデンサ Cres を使用して、特定の周波数スパンをスイープします。共振が 600 kHz を通過すると、信号が拾われ、2 段階クラス A RF 電力増幅器によって増幅されます。最後に、信号はダイオード検出器によって抽出され、通常はオーディオ アンプに渡されます (ここには含まれません)。スコープには、最終出力、共振静電容量の値、および受信して増幅した信号が表示されます。

モデル

Diode Detector サブシステム

Two-Stage Amplifier サブシステム

Class A Stage 1 サブシステム

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、ラジオ受信機で受信、増幅、出力した信号を示しています。共振回路における共振が 600 kHz を通過すると、信号が拾われ、2 段階クラス A RF 電力増幅器によって増幅されます。