Main Content

getLogLocation

ジョブまたはタスクのログの場所

構文

logfile = getLogLocation(cluster,cj)
logfile = getLogLocation(cluster,it)

説明

汎用クラスター cluster と通信ジョブ cj に対して、logfile = getLogLocation(cluster,cj) はジョブ cj 全体のログ データが保存される場所を返します。

汎用クラスター cluster と独立ジョブのタスク it に対して、logfile = getLogLocation(cluster,it) はタスク it のログ データが保存される場所を返します。

この関数は、送信に際して、ワーカー出力ログを適切な場所に格納するようサードパーティ クラスターに指示するうえで便利です。

バージョン履歴

R2012a で導入