ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

オプションとは

オプションを使用すると、一連の名前/値のペアを組み合わせることができます。次の操作が可能となります。

  • 最適化プロセスの調整または変更

  • 出力関数やプロット関数などの追加機能の選択

  • 設定の保存と再利用

オプションによってソルバーの構文が単純化されます。ソルバーへの呼び出しに多くの名前/値のペアを含める必要がありません。

オプションの設定方法と変更方法については、オプションの設定と変更を参照してください。

各オプションがどのソルバーで使用されるかなど、すべてのオプションについての概要は、最適化オプション リファレンスを参照してください。