Main Content

モバイル デバイスの制御を使用したセンサー データのストリーミング

この例では、MATLAB® Mobile™ のセンサー制御を使用して、MathWorks® Cloud またはコンピューター上で実行されている MATLAB にモバイル デバイス センサー データを送信する方法を説明します。モバイル デバイスと通信してセンサーからデータを収集するには、この手順の一環として、MATLAB で mobiledev オブジェクトを作成します。オブジェクトを作成するまで、センサー データをログ記録することはできません。

プロンプトが表示された場合は、MathWorks アカウントにサインインします。

  1. MATLAB のコマンド ウィンドウで、mobiledev オブジェクトを作成します。例を示します。

    m = mobiledev
    m = 
    mobiledev with properties:
    
                       Connected: 1
               Available Cameras: {'back' 'front'}
                         Logging: 0
                InitialTimestamp: ''
    
       AccelerationSensorEnabled: 0
    AngularVelocitySensorEnabled: 0
           MagneticSensorEnabled: 0
        OrientationSensorEnabled: 0
           PositionSensorEnabled: 0
    
    Supported functions

    オブジェクトの作成時に表示される画面の項目は次のとおりです。

    • 0 - 無効、オフ、またはこのデバイスでセンサーが使用できない。

    • 1 - 有効またはオン。

    この例では、デバイスと mobiledev オブジェクトは接続されているものの、センサーは無効 (センサーのすべての値が 0) で、データがまだログ記録されていない (InitialTimestamp プロパティが空) ことがわかります。ご利用のデバイスに特定のセンサーが含まれていない場合、そのセンサーには常に 0 が表示されます。

    InitialTimestamp は、mobiledev が受信した最初のデータ点のタイムスタンプです。すべてのセンサーのその他すべてのタイムスタンプは、InitialTimestamp を基準とします。

  2. メニューをタップしてから [センサー] をタップします。

  3. トグル スイッチを使用して、目的のセンサーをオンにします。

    位置センサーを使用している場合は、デバイスの [設定] で MATLAB の位置情報へのアクセスをオンにします。

  4. [ストリーム先] をタップし、[MATLAB] を選択します (まだ選択していない場合)。

  5. MATLAB へのデータ送信を開始するには、[開始] をタップします。

  6. MATLAB コマンド ラインで mobiledev オブジェクトを使用して、センサー データを表示します。例を示します。

    m
    Current Sensor Values:
                    Acceleration: [-0.7200 4.6491 8.3620] (m/s^2)
  7. データ送信を停止するには、[停止] をタップします。

データをさらに収集するには、これらの手順を繰り返します。

最新値のクエリ、データのプロット、またはその他の後処理タスクを実行できます。例については、センサー データのストリーミングログ記録されたセンサー データの処理を参照してください。

メモ

接続方法として Wi-Fi® を使用している場合、モバイル デバイス上のスリープ設定を調整しなければならない場合があります。

関連するトピック