Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

RandStream.list

乱数発生器アルゴリズム

クラス

RandStream

構文

RandStream.list

説明

RandStream.list は、RandStream または RandStream.create で乱数ストリームを作成するときに使用可能なすべての発生器アルゴリズムを示します。使用可能な発生器アルゴリズムおよびそのプロパティを下表に示します。

キーワード発生器複数のストリームとサブストリームのサポート高精度な場合の近似周期
mt19937arメルセンヌ・ツイスター (MATLAB® スタートアップ時に既定のストリームによって使用)なし219937-1
dsfmt19937SIMD 指向高速メルセンヌ・ツイスター なし219937-1
mcg16807乗算合同法発生器なし231-2
mlfg6331_64乗法ラグ フィボナッチ発生器あり2124 (長さが 272 の 251 個のストリーム)
mrg32k3a結合多重再帰発生器あり2191 (長さが 2127 の 263 個のストリーム)
philox4x32_10Philox 4x32 発生器、10 ラウンドあり2193 (長さが 2129 の 264 個のストリーム)
threefry4x64_20Threefry 4x64 発生器、20 ラウンドあり2514 (長さが 2258 の 2256 個のストリーム)
shr3cong線形合同法発生器を組み合わせたシフトレジスタ発生器なし264
swb2712修正桁下げ付き減算発生器なし21492

これらの乱数発生器アルゴリズムの詳細は、乱数発生器の選択を参照してください。メルセンヌ・ツイスター アルゴリズムの詳細については、http://www.math.sci.hiroshima-u.ac.jp/~m-mat/MT/emt.html を参照してください。