ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MaximizeCommandWindow

オートメーション サーバー ウィンドウを開く

概要

IDL メソッド シグネチャ

HRESULT MaximizeCommandWindow(void)

Microsoft Visual Basic クライアント

MaximizeCommandWindow

MATLAB クライアント

MaximizeCommandWindow(h)

説明

MaximizeCommandWindow(h) は、ハンドル h に付属するサーバーのウィンドウを表示し、デスクトップ上で現在アクティブなウィンドウにします。

関数 MaximizeCommandWindow は、ウィンドウをデスクトップ上での最大サイズではなく、最小化されたときと同じサイズに戻します。サーバー ウィンドウが、以前には最小化されていなかった場合、関数 MaximizeCommandWindow は何も行いません。

すべて折りたたむ

この例では、MATLAB オートメーション サーバーでコマンド ウィンドウを最小化および最大化する方法を説明します。次のコードからアプリケーションを作成します。

type adjustcommandwindow.vb
Dim Matlab As Object

Matlab = CreateObject("matlab.application")
Matlab.MinimizeCommandWindow

'Now return the server window to its former state on 
'the desktop and make it the currently active window.

Matlab.MaximizeCommandWindow

この例では、MATLAB オートメーション サーバーでコマンド ウィンドウを最小化および最大化する方法を説明します。次のコードからアプリケーションを作成します。

type adjustcommandwindow.vba
Dim Matlab As Object

Set Matlab = CreateObject("matlab.application")
Matlab.MinimizeCommandWindow

'Now return the server window to its former state on 
'the desktop and make it the currently active window.

Matlab.MaximizeCommandWindow

R2006a より前に導入