Main Content

matlab.io.hdfeos.sw.writeField

パッケージ: matlab.io.hdfeos.sw

swath フィールドへのデータを書き込み

構文

writeField(swathID,fieldname,data)
writeField(swathID,fieldname,start,data)
writeField(swathID,fieldname,start,stride,data)

説明

writeField(swathID,fieldname,data) は、swath データ フィールド全体を書き込みます。

writeField(swathID,fieldname,start,data) は、連続したハイパースラブを swath フィールドに書き込みます。start は、最初に書き込む要素のインデックスを指定します。各次元に沿った要素の数は、data のサイズまたは swath フィールドそのものから推定されます。

writeField(swathID,fieldname,start,stride,data) は、不連続なハイパースラブを swath フィールドに書き込みます。stride は、各次元の要素の間隔を指定します。

この関数は HDF-EOS ライブラリ C API の関数 SWwritefield に相当しますが、MATLAB® は FORTRAN スタイルの並べ替えを使用するので、stridestart の各パラメーターは、C ライブラリ API とは逆の順序になります。

地理的位置フィールド 'Longitude' にデータを書き込みます。

lon = [-50:49];
data = repmat(lon(:),1,100);
data = single(data);
import matlab.io.hdfeos.*
srcFile = fullfile(matlabroot,'toolbox','matlab','imagesci','swath.hdf');
copyfile(srcFile,'myfile.hdf');
fileattrib('myfile.hdf','+w');
swfid = sw.open('myfile.hdf','rdwr');
swathID = sw.attach(swfid,'Example Swath');
sw.writeField(swathID,'Longitude',data);
sw.detach(swathID);
sw.close(swfid);