Main Content

matlab.io.hdf4.sd.start

パッケージ: matlab.io.hdf4.sd

HDF ファイルを開き、SD インターフェイスを初期化する

構文

sdID = start(filename)
sdID = start(filename,access)

説明

sdID = start(filename) は、ファイル filename を読み取り専用モードで開きます。各ファイルでこのルーチンを呼び出さないと、そのファイルで他の sd の呼び出しを行うことはできません。

sdID = start(filename,access) は、access で指定されたアクセス モードでファイル filename を開きます。このルーチンを呼び出さないと、そのファイルで他の SD インターフェイスの操作を行うことはできません。access は次のいずれかの値として指定します。

  • 'read'

  • 'write'

  • 'create'

指定しない場合、既定では、access'read' になります。

この関数は、HDF ライブラリ C API の関数 SDstart に相当します。

import matlab.io.hdf4.*
sdID = sd.start('sd.hdf');
sd.close(sdID);

参考