Main Content

matlab.io.hdf4.sd.setExternalFile

パッケージ: matlab.io.hdf4.sd

外部ファイルにデータを格納

構文

setExternalFile(sdsID,extfile,offset)

説明

setExternalFile(sdsID,extfile,offset) は、メタデータではなくデータ値を外部データ ファイル extfile のバイト オフセット offset に移動します。

データは、指定されたデータセット 1 つにつき、1 回だけ移動できます。外部ファイルはメイン ファイルとともに保持しておいてください。

この関数は、HDF ライブラリ C API の関数 SDsetexternalfile に相当します。

import matlab.io.hdf4.*
sdID = sd.start('myfile.hdf','create');
sdsID = sd.create(sdID,'temperature','double',[10 20]);
sd.setExternalFile(sdsID,'myExternalFile.dat',0);
sd.writeData(sdsID,[0 0],rand(10,20));
sd.endAccess(sdsID);
sd.close(sdID);