Main Content

previousfile

ファイルセット内の以前のファイルに関する情報

説明

info = previousfile(fs) は、FileSet オブジェクト fs 内の以前のファイルに関する情報を返してから、内部のポインターを前のファイルに後退させます。後続の関数 previousfile の呼び出しでは、前回の呼び出しの終点から読み取りが続行されます。

すべて折りたたむ

ファイルセット内の以前のファイルに戻り、ファイル情報を取得します。

ファイルの集合のファイルセット fs を作成します。

folder = {'accidents.mat','airlineResults.mat','census.mat','earth.mat'}
folder = 1x4 cell
  Columns 1 through 3

    {'accidents.mat'}    {'airlineResults...'}    {'census.mat'}

  Column 4

    {'earth.mat'}

fs = matlab.io.datastore.FileSet(folder)
fs = 
  FileSet with properties:

                    NumFiles: 4
                NumFilesRead: 0
                    FileInfo: Show FileInfo for all 4 files
    AlternateFileSystemRoots: {}

1 つ目のファイルに関する情報を取得し、内部ポインターを 1 ファイル前に移動します。

file1 = nextfile(fs)
file1 = 
  1x1 FileInfo
                                       Filename                                       FileSize
    ______________________________________________________________________________    ________

    "/mathworks/devel/bat/Bdoc22b/build/matlab/toolbox/matlab/demos/accidents.mat"      7343  

2 つ目のファイルに関する情報を取得し、内部のポインターを 1 ファイル前に移動します。

file2 = nextfile(fs)
file2 = 
  1x1 FileInfo
                                         Filename                                           FileSize 
    ___________________________________________________________________________________    __________

    "/mathworks/devel/bat/Bdoc22b/build/matlab/toolbox/matlab/demos/airlineResults.mat"    1.5042e+05

2 つ目のファイルに関する情報をもう一度取得し、内部のポインターを 2 つ目のファイルに後退させます。

prev = previousfile(fs)
prev = 
  1x1 FileInfo
                                         Filename                                           FileSize 
    ___________________________________________________________________________________    __________

    "/mathworks/devel/bat/Bdoc22b/build/matlab/toolbox/matlab/demos/airlineResults.mat"    1.5042e+05

入力引数

すべて折りたたむ

ファイルセット。FileSet オブジェクトとして指定します。FileSet オブジェクトを作成する場合は、matlab.io.datastore.FileSet を参照してください。

出力引数

すべて折りたたむ

このプロパティは読み取り専用です。

FileSet オブジェクトのファイルに関する情報。次のプロパティを使用する FileInfo オブジェクトとして返されます。

  • FilenameFileSet オブジェクト内のファイルの名前。名前にはファイルの絶対パスが含まれます。

  • FileSize — ファイルのサイズ (バイト数)。

ヒント

  • 関数 previousfile は、FileSet オブジェクトからファイルが読み取られていない場合エラーを返します。このエラーを回避するには、previousfilehasPreviousFile および reset と共に使用します。hasPreviousFile メソッドは Fileset オブジェクト内にファイルがまだ残っているかどうかをチェックします。一方、reset メソッドは内部のポインターを Fileset オブジェクトの先頭にリセットします。

バージョン履歴

R2020a で導入