Main Content

hasPreviousFile

ファイルセットに以前のファイルがあるかどうかを確認する

説明

tf = hasPreviousFile(fs) は、fs で指定された FileSet オブジェクトで以前のファイルを処理できる場合、logical 1 (true) を返します。その他の場合は logical 0 (false) を返します。

すべて折りたたむ

ファイルセットの以前のファイルが処理可能であるかどうかを確認します。

ファイルの集合のファイルセット fs を作成します。

folder = {'accidents.mat','airlineResults.mat','census.mat','earth.mat'}
folder = 1x4 cell
  Columns 1 through 3

    {'accidents.mat'}    {'airlineResults...'}    {'census.mat'}

  Column 4

    {'earth.mat'}

fs = matlab.io.datastore.FileSet(folder)
fs = 
  FileSet with properties:

                    NumFiles: 4
                NumFilesRead: 0
                    FileInfo: Show FileInfo for all 4 files
    AlternateFileSystemRoots: {}

1 つ目のファイルに関する情報を取得し、内部ポインターを 1 ファイル前に移動します。

file1 = nextfile(fs)
file1 = 
  1x1 FileInfo
                                       Filename                                       FileSize
    ______________________________________________________________________________    ________

    "/mathworks/devel/bat/Bdoc22b/build/matlab/toolbox/matlab/demos/accidents.mat"      7343  

2 つ目のファイルに関する情報を取得し、内部のポインターを 1 ファイル前に移動します。

file2 = nextfile(fs)
file2 = 
  1x1 FileInfo
                                         Filename                                           FileSize 
    ___________________________________________________________________________________    __________

    "/mathworks/devel/bat/Bdoc22b/build/matlab/toolbox/matlab/demos/airlineResults.mat"    1.5042e+05

以前のファイルが存在するかどうかを確認します。この例では、以前のファイルが存在するため、結果は true です。

tf = hasPreviousFile(fs)
tf = logical
   1

入力引数

すべて折りたたむ

ファイルセット。FileSet オブジェクトとして指定します。FileSet オブジェクトを作成する場合は、matlab.io.datastore.FileSet を参照してください。

バージョン履歴

R2020a で導入