Main Content

hasPreviousBlock

ブロック ファイルセットに以前のブロックがあるかどうかを確認する

説明

tf = hasPreviousBlock(bs) は、bs で指定された BlockedFileSet オブジェクト内に処理できる以前のブロックがある場合に logical 1 (true) を返します。その他の場合は logical 0 (false) を返します。

すべて折りたたむ

ブロック ファイルセットに、処理できる以前のブロックがあるかどうかを確認します。

ファイルの集合のブロック ファイルセット bs を作成します。

folder = {'accidents.mat','airlineResults.mat','census.mat','earth.mat'}
folder = 1x4 cell
  Columns 1 through 3

    {'accidents.mat'}    {'airlineResults...'}    {'census.mat'}

  Column 4

    {'earth.mat'}

bs = matlab.io.datastore.BlockedFileSet(folder)
bs = 
  BlockedFileSet with properties:

                   NumBlocks: 4
               NumBlocksRead: 0
                   BlockSize: 'file'
                   BlockInfo: Show BlockInfo for all 4 blocks
    AlternateFileSystemRoots: {}

1 つ目のブロックに関する情報を取得して、内部ポインターを 1 ブロック前に移動します。

blk1 = nextblock(bs)
blk1 = 
  1x1 BlockInfo
                                       Filename                                       FileSize    Offset    BlockSize
    ______________________________________________________________________________    ________    ______    _________

    "/mathworks/devel/bat/Bdoc22b/build/matlab/toolbox/matlab/demos/accidents.mat"      7343        0         7343   

2 つ目のブロックに関する情報を取得して、内部のポインターを 1 ブロック前に移動します。

blk2 = nextblock(bs)
blk2 = 
  1x1 BlockInfo
                                         Filename                                           FileSize     Offset    BlockSize 
    ___________________________________________________________________________________    __________    ______    __________

    "/mathworks/devel/bat/Bdoc22b/build/matlab/toolbox/matlab/demos/airlineResults.mat"    1.5042e+05      0       1.5042e+05

以前のブロックが存在するかどうかを確認します。この例では、以前のブロックが存在するため、結果は true です。

tf = hasPreviousBlock(bs)
tf = logical
   1

入力引数

すべて折りたたむ

ブロック ファイルセット。matlab.io.datastore.BlockedFileSet オブジェクトとして指定します。BlockedFileSet オブジェクトを作成する場合は、matlab.io.datastore.BlockedFileSet を参照してください。

例: hasPreviousBlock(bs)

バージョン履歴

R2020a で導入