Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

condeig

固有値に関する条件数

構文

c = condeig(A)
[V,D,s] = condeig(A)

説明

c = condeig(A) は、A の固有値に関する条件数のベクトルを返します。この条件数は、左右の固有ベクトルが作る角度の余弦の逆数です。

[V,D,s] = condeig(A) は以下と等価です。

[V,D] = eig(A);
s = condeig(A);

条件数が大きいことは、A が複数の固有値をもつ行列に近いことを示します。

参考

| |

R2006a より前に導入