ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB コマンドに影響を及ぼす Java メソッド

Java® オブジェクトおよび配列を操作する MATLAB® コマンドは、クラス内で実装またはクラスで継承されているメソッドを使用します。MATLAB コマンドの中には、コマンドが使用する Java メソッドを変更することで動作を変更できる場合もあります。

dispdisplay の効果の変更

次の場合に、関数 disp を呼び出します。

  • MATLAB で変数または式の値を表示する。

  • セミコロンなしでコマンド ラインを終了する。

  • MATLAB で Java オブジェクトを表示する。

Java オブジェクトで disp を呼び出すと、MATLAB はそのオブジェクトの toString メソッドを使用して出力を書式設定します。クラスがこのメソッドを実装しない場合、MATLAB は継承された toString メソッドを使用します。中間の親クラスのいずれでもこのメソッドが定義されない場合は、MATLAB は java.lang.Object クラスで定義された toString メソッドを使用します。

MATLAB でのオブジェクトの表示方法を変更するには、クラス定義で独自の toString メソッドを実装します。

isequal の効果の変更

MATLAB 関数 isequal は、複数の配列の型、サイズおよび内容の等価性を比較します。また、この関数を使用して Java オブジェクトの等価性をテストすることもできます。

関数 isequal を使用して 2 つの Java オブジェクトを比較する場合、MATLAB は Java メソッドである equals を使用して比較を実行します。MATLAB は最初にコマンドで指定されたオブジェクトのクラスを確認後、そのクラスによって実装された equals メソッドを使用します。equals がこのクラスで実装されていない場合、MATLAB は継承された equals メソッドを使用します。中間の親クラスのいずれでもこのメソッドが定義されない場合は、MATLAB は java.lang.Object クラスで定義された equals メソッドを使用します。

MATLAB でのクラスのメンバーの比較方法を変更するには、クラス定義で独自の equals メソッドを実装します。

doublestring および char の効果の変更

独自の Java メソッド toDoubletoString および toChar を定義して、MATLAB 関数 doublestring および char の出力を変更できます。詳細については、MATLAB 数値型への変換およびMATLAB string への変換を参照してください。

関連するトピック