Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

C++ エンジン アプリケーションを MATLAB Compiler SDK アプリケーションに変換

MATLAB® Compiler SDK™ API を使用するようにコードを変更することで、エンジン アプリケーションを配布することができます。この API の詳細については、C++ MATLAB データ API 共有ライブラリの統合 (MATLAB Compiler SDK)を参照してください。同等の Compiler SDK C++ 値を使用するには、次のように変更します。

  • ヘッダー ファイル

    MatlabCppSharedLib.hpp

  • 名前空間

    matlab::cpplib

  • クラス名

    matlab::cpplib::MATLABApplication

  • Compiler SDK では CTF (ライブラリ アーカイブ ファイル) のパスを設定する必要があります。以下に例を示します。

    const std::u16string U16STR_CTF_NAME = u"libtriangle.ctf";
    auto lib = mc::initMatlabLibrary(app, U16STR_CTF_NAME);

Sierpinski 関数を呼び出すアプリケーション

この例は、Sierpinski の三角形の点を計算する MATLAB 関数 sierpinski を呼び出すエンジン アプリケーションです。例では、MATLAB Compiler SDK で実行されるようにエンジン コードを変更する方法を説明します。

Compiler SDK がある場合は、matlabroot/extern/examples/compilersdk/c_cpp/triangle フォルダー内のグラフィカルな Sierpinski 関数 sierpinski.m を使用することができます。

このコードをファイル triangleEngine.cpp にコピーします。

 エンジン アプリケーション triangleEngine.cpp

同等の Compiler SDK C++ 値を使用するようにコードを変更します。

次のコードを triangleSDK.cpp にコピーして、ファイルを triangleEngine.cpp と比較すると、Sierpinski 関数の呼び出しに関連するその他の変更を確認できます。

 対応する配布アプリケーション triangleSDK.cpp

関連するトピック