ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

C# クライアントから MATLAB への複素数データの受け渡し

この例では、クライアントである C# プログラムに複素数データを作成し、それを MATLAB® に渡します。行列は、実数値を変数 pr に、虚数値を pi にもつベクトルで構成されています。例では、この行列が C# プログラムに読み戻されます。

C# の MATLAB タイプ ライブラリのリファレンス:

MLApp.MLApp matlab = new MLApp.MLApp();

C# クライアント プログラムから、MATLAB COM オブジェクトにプロジェクトへの参照を追加します。たとえば、Microsoft® Visual Studio® でプロジェクトを開きます。[Project] メニューから、[Add Reference] を選択します。[Add Reference] ダイアログ ボックスから [COM] を選択します。MATLAB アプリケーションを選択します。詳細については、ベンダーのドキュメンテーションを参照してください。

以下に詳しい例を示します。

using System;
namespace ConsoleApplication4
{
class Class1
{
[STAThread]
static void Main(string[] args)
{
MLApp.MLApp matlab = new MLApp.MLApp(); 

System.Array pr = new double[4];
pr.SetValue(11,0);
pr.SetValue(12,1);
pr.SetValue(13,2);
pr.SetValue(14,3);

System.Array pi = new double[4];
pi.SetValue(1,0);
pi.SetValue(2,1);
pi.SetValue(3,2);
pi.SetValue(4,3);

matlab.PutFullMatrix("a", "base", pr, pi);

System.Array prresult = new double[4];
System.Array piresult = new double[4];

matlab.GetFullMatrix("a", "base", ref prresult, ref piresult);
}
}
}

参考

|