ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

連続するファイルのインポートまたはエクスポート

複数のファイルをインポートまたはエクスポートするには、制御ループを作成してファイルを 1 つずつ処理します。ループの作成に際しては以下を実行します。

  • 連続したファイル名を作成するには、関数 sprintf を使用します。

  • パターンに一致するファイルを検索するには、関数 dir を使用します。

  • "関数構文" を使用して、ファイル名をインポート関数またはエクスポート関数に渡します (詳細は、コマンドと関数構文を参照してください)。

たとえば、file1.txt から file20.txt までの名前が付いたファイルを importdata で読み取るには、次のようにします。

numfiles = 20;
mydata = cell(1, numfiles);

for k = 1:numfiles
  myfilename = sprintf('file%d.txt', k);
  mydata{k} = importdata(myfilename);
end

*.jpg とパターンが一致するすべてのファイルを imread で読み取るには、次のようにします。

jpegFiles = dir('*.jpg'); 
numfiles = length(jpegFiles);
mydata = cell(1, numfiles);

for k = 1:numfiles 
  mydata{k} = imread(jpegFiles(k).name); 
end