Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mxSetData (Fortran)

非数値 mxArray 内のデータ要素へのポインターを設定

mxSetData は数値配列用には推奨されません。代わりに、型付きのデータ アクセス関数を使用してください。詳細については、互換性についての考慮事項を参照してください。

Fortran 構文

#include "fintrf.h"
subroutine mxSetData(pm, pr)
mwPointer pm, pr

説明

mxSetData は、非数値配列のデータ要素の設定のみに使用します。

数値配列の場合、インターリーブされた複素数 API で型付きのデータ アクセス関数を使用するように、MEX ファイルを作成し、既存の MEX ファイルを更新することを MathWorks では推奨します。詳細については、以下を参照してください。

MEX ファイルをビルドするには、-R2018a オプションを指定して mex を呼び出します。

関数 mxSetData は、既存のデータに割り当てられているメモリは解放しません。既存のメモリを解放するには、mxGetData によって返されるポインター上で mxFree を呼び出します。

入力引数

すべて展開する

非数値 MATLAB 配列へのポインター。mwPointer として指定します。

mxArray 内のデータ配列へのポインター。mwPointer として指定します。

配列は、動的メモリ内になければなりません。このメモリを割り当てるには mxCalloc を呼び出します。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2018b での動作変更

R2006a より前に導入