ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB Parallel Server

MATLAB および Simulink の計算をクラスターおよびクラウド上で実行

MATLAB® Parallel Server™ を使用すると、MATLAB のプログラムおよび Simulink® のシミュレーションをクラスターおよびクラウドに拡張できます。デスクトップ上でプログラムおよびシミュレーションのプロトタイプを作成し、再コーディングすることなく、それらをクラスターおよびクラウド上で実行できます。MATLAB Parallel Server は、大規模行列を使用したバッチ ジョブ、対話型並列計算、および分散計算をサポートしています。

クラスター側のライセンスはすべて MATLAB Parallel Server によって処理されます。デスクトップのライセンス プロファイルがクラスター上で動的に有効になるため、クラスター用の MATLAB ライセンスを指定する必要はありません。このライセンス モデルには、無制限のスケーリングをサポートする機能が含まれています。

MATLAB Parallel Server は、プログラムおよびシミュレーションをスケジュールされたアプリケーションとして、クラスター上で実行します。MATLAB Parallel Server と共に提供される MATLAB の最適化されたスケジューラ、または独自のスケジューラを使用できます。プラグイン フレームワークにより、一般的に使用されているクラスター スケジューラの送信クライアントと直接通信できます。

MATLAB Parallel Server 入門

MATLAB Parallel Server の基礎を学ぶ

クラスターの構成

スケジューラのタイプに応じた並列計算をサポートするためのノードと開始プロセスの設定

MATLAB ジョブ スケジューラ クラスターのカスタマイズ

MATLAB ジョブ スケジューラを使用するクラスターのオプション設定のカスタマイズ

クラスターおよびクラウドでのコードの実行

計算負荷の高いコードをスケール アップして既存のクラスターで実行

MATLAB Parallel Server のトラブルシューティング

MATLAB Parallel Server での予期せぬ問題の解決