ドキュメンテーション

製品のオンライン インストール

1 台のマシンに MathWorks アカウントを使用して MATLAB® をインストールするには、すべてのライセンス タイプ (エンド ユーザーおよび管理者) で以下の手順に従います。インストール中は、インターネットに接続していなければなりません。

System Requirements for MATLAB でシステムの最小要件を満たしていることを確認してください。

手順 1: 準備

インターネット接続を使用して、対話的にインストーラーを実行するには、以下が必要です。

  • インターネット接続。インターネット接続がない場合は、製品のオフライン インストール の手順に従います。

  • 電子メール アドレスと MathWorks® アカウントのパスワード。これらは、インストール中にユーザー アカウントにログインするために必要になります。アカウントに複数のライセンスがリンクされている場合は、どのライセンスをインストールするか決定しておきます。

    ネットワーク ライセンスのエンド ユーザーで、MathWorks アカウントを保有していない場合は、インストール中にアカウントを作成できます。アカウントを作成するには、"アクティベーション キー" が必要です。アクティベーション キーとは、ライセンスを識別する固有のコードのことです。アクティベーション キーは、ライセンス管理者から入手できます。

  • ソフトウェアのインストールに適した権限。権限に関する質問は、システム管理者にお問い合わせください。

    メモ

    ソフトウェアをインストールするために管理者アカウントを使用しますが、通常は管理ユーザー アカウントに対してソフトウェアのアクティベーションを行いません。ソフトウェアをアクティベートするときは、ソフトウェアの使用者となるこれらの権限をもたないアカウントを指定します。管理者権限をもつユーザーとして MATLAB を実行することは推奨されません。

    • Windows — 使用しているコンピューターの管理者権限をもつアカウントの名前とパスワードを取得します。

    • Linux — ルート パスワードを取得します。MATLAB ソフトウェアはスーパーユーザー権限がなくてもインストールできますが、特定のインストール オプションが制限されます。たとえば、matlab コマンドへのシンボリック リンクの設定、保護されているフォルダーへの製品ファイルのインストール、またはシステム起動スクリプトの編集を行うには、スーパーユーザーのステータスを保有していなければなりません。

    • macOS — 使用しているコンピューターの管理者アカウントの名前とパスワードを取得します。管理者アカウントは macOS システムの構成時に設定されたユーザー アカウントであり、MathWorks アカウントではありません。インストール中に、この名前とパスワードを [Authenticate] ダイアログ ボックスに入力します。

  • インストール中は、システムのウイルス対策ソフトウェアとインターネット セキュリティ アプリケーションを無効にしてください。これらのアプリケーションによって、インストールの処理が遅くなったり、反応が示されない可能性もあります。

準備ができたら、製品のオンライン インストール に進みます。

手順 2: インストーラーの起動

  1. MathWorks Web サイトからインストーラーをダウンロードします。

    Web サイトでインストーラーを選択すると、製品ファイルではなく、選択したプラットフォームでインストーラーを実行するために必要なファイルが渡されます。インストーラーを実行して、ログインしているコンピューターにインストールする製品を選択します。必要に応じて、インストーラーが製品を MathWorks からダウンロードします。

  2. インストーラーを起動します。インストーラーの起動方法は、プラットフォームによって異なります。

    • Windows

      MathWorks Web サイトでインストーラーを選択し、[実行] をクリックすると、インストーラーが自動的に起動します。インストーラーを保存した場合は、保存先のフォルダーにある自己解凍形式のインストーラー ファイルをダブルクリックします。自己解凍形式のインストーラー ファイルの名前は matlab_release_$ARCH です。release はインストールするリリース (R2019b など) を、$ARCH は選択したアーキテクチャを示します。

      解凍の完了後に、インストーラーが自動的に起動します。

      後でインストーラーを再起動するには、setup.exe をクリックします。このファイルは、ファイルを解凍したフォルダーの最上位にあります。

    • macOS

      MathWorks Web サイトからダウンロードした dmg ファイルをダブルクリックします。InstallForMacOSX.app をダブルクリックします。

    • Linux

      unzip コマンドを使用して、MathWorks Web サイトからダウンロードしたアーカイブ ファイルからファイルを解凍します。ファイルの解凍後、次のインストーラー コマンドを実行します。

      ./install
      

手順 3: MathWorks アカウントを使用するインストール

[MathWorks アカウントでログインする] オプションをオン (既定) にしておき、[次へ] をクリックします。インストール中に MathWorks アカウントにログインし、インストールするライセンスを選択してインストーラーの指示に従います。

インターネット接続にプロキシ サーバーを必要とする場合は、[接続設定] をクリックします。[接続設定] ページに、サーバー名、ポートおよびパスワードを入力します。MathWorks は基本認証とダイジェスト認証のプロキシ設定をサポートしています。

メモ

Windows システムでは、インストーラーは、既定でシステムのプロキシ設定を使用します。プロキシ サーバーがログインを要求する場合、インストーラーはログイン情報の入力を指示するプロンプトを表示します。

手順 4: ソフトウェア ライセンス許諾書の確認

ソフトウェア ライセンス許諾書を確認し、条件に同意する場合は [はい] を選択して [次へ] をクリックします。

メモ

インストール後にエンド ユーザー ライセンス許諾書を表示するには、いつでも MATLAB コマンド ウィンドウで次のコマンドを実行します。

>> edit( fullfile(matlabroot, 'license_agreement.txt') )

手順 5: MathWorks アカウントへのサインイン

MathWorks アカウントにログインするには、電子メール アドレスとパスワードを入力して、[次へ] をクリックします。インストーラーにより MathWorks へのアクセスが行われ、アカウントにリンクされたライセンスに関する情報が取得されます。アカウントで 2 段階認証を有効にしている場合、認証コードが主な方法に送信されます。

MathWorks アカウントを保有していない場合は、[MathWorks アカウントを作成する (アクティベーション キーが必要)] オプションをオンにして [次へ] をクリックします。アカウントの作成に必要なデータの入力を指示するプロンプトが表示されます。

MathWorks アカウントの作成

アカウントを作成するには、電子メール アドレス、姓、名およびパスワードを入力します。新しく作成したアカウントにはライセンスがリンクされていないので、アクティベーション キーも入力しなければなりません。

アクティベーション キーによって、インストールするライセンスが識別されます。このライセンスの管理者は、MathWorks Web サイトのライセンス センターにアクセスしてキーを取得できます。

メモ

アクティベーション キーのダッシュやスペースの入力は任意です。

[次へ] をクリックして、アカウントを作成します。

メモ

新しい MathWorks アカウントを作成したら、インストールを続行する前に、電子メール アドレスを確認しなければなりません。[電子メールの確認が必要] ダイアログ ボックスの [次へ] をクリックする前に、電子メール プログラムに移動して MathWorks から送信されたメッセージを開き、確認リンクをクリックしてください。次に、このダイアログ ボックスに戻り、[次へ] をクリックします。

手順 6: 2 段階認証コードの入力

MathWorks アカウントで 2 段階認証を有効にしている場合、MathWorks アカウントのサインイン時に、主な方法に送信された認証コードを入力するよう求めるメッセージが表示されます。2 段階認証を有効にしていない場合は、次のステップに直接進むことができます。

主な方法に送信された認証コードを入力します。

[次へ] をクリックしてインストールを実行します。

手順 7: インストールするライセンスの選択

MathWorks アカウントにリンクされたライセンスのリストからライセンスを選択して、[次へ] をクリックします。

自分の MathWorks アカウントにリンクされていないライセンスを使用して製品をインストールする場合は、次を行います。

  1. [リストされていないライセンスのアクティベーション キーを入力] オプションをオンにします。

  2. アクティベーション キーを入力して、[次へ] をクリックします。

    "アクティベーション キー" とは、ライセンスを識別する固有のコードのことです。このコードを使用して、ライセンスのアクティベーションを行います。また、ライセンスを付与されたエンド ユーザーは各自の MathWorks アカウントをライセンスにリンクすることができます。ライセンス管理者は、MathWorks Web サイトのライセンス センターにアクセスしてアクティベーション キーを取得できます。

アクティベーション キーの指定

アカウントにライセンスがリンクされていない場合、または、選択したライセンスでアクティベーションを行う権限が無効になっている場合、インストーラーによって [アクティベーション キー] ダイアログ ボックスが表示されることがあります。要求されたアクティベーション キーを入力して、[次へ] をクリックします。アクティベーション キーについては、ライセンス管理者にお問い合わせください。

メモ

アクティベーション キーのダッシュやスペースの入力は任意です。

手順 8: インストール フォルダーの指定

MathWorks 製品のインストール先となるフォルダーの名前を指定します。既定のインストール フォルダーをそのまま使用するか、[参照] をクリックして別のフォルダーを選択します。指定したフォルダーが存在しない場合は、インストーラーによって作成されます。

フォルダー名を指定するときは、任意の英数字に加えて、アンダースコアなどの一部の特殊文字を使用できます。フォルダー名の入力を誤った場合にやり直すには、[既定のフォルダーに戻す] をクリックします。選択を行った後、[次へ] をクリックします。

手順 9: インストールする製品の指定

製品リストから、インストールする製品を指定します。このリストには、選択したライセンス、あるいは指定したアクティベーション キーまたはファイル インストール キーに関連付けられているすべての製品が表示されます。インストール対象外の製品がある場合は、製品名の横のチェック ボックスをオフにします。MATLAB は既定でインストールされます。

メモ

選択した製品がお使いのコンピューターの既定のダウンロード場所に存在している場合、インストーラーは MathWorks からファイルをダウンロードする代わりに、ローカル ファイルを使用してインストールを実行します。製品を再度ダウンロードする場合は、[フォルダーの選択] ダイアログ ボックスに戻り、別のインストール フォルダーを選択します。

インストールする製品を選択した後、[次へ] をクリックしてインストールを続行します。

手順 10: インストール オプションの指定

インストール先のプラットフォームに応じて、いくつかのインストール オプションを指定できます。

Windows

Windows® では、[インストール オプション] ダイアログ ボックスで、[スタート] メニューとデスクトップに MATLAB の起動用ショートカットを配置するオプションが提供されます。

インストール オプションを選択した後、[次へ] をクリックしてインストールを続行します。

Linux

Linux システムでは、matlab スクリプトおよび mex スクリプトへのシンボリック リンクを作成するかどうかを指定できます。書き込み権限があり、自分のユーザー パスすべてに共通する /usr/local/bin などのフォルダーを指定します。

インストール オプションを選択した後、[次へ] をクリックしてインストールを続行します。

手順 11: 選択内容の確認

ソフトウェアをハード ディスクにインストールする前に、インストーラーにインストール内容の要約が表示されます。設定を変更するには、[戻る] をクリックします。インストールを続行するには、[インストール] をクリックします。

メモ

使用するインストール方法によっては、確認情報がここで示される例とは異なる場合があります。

製品の設定に関するメモの確認

インストールする製品によっては、インストーラーで追加の情報を含むダイアログ ボックスが表示されることがあります。

  • 製品の設定情報 — 一部の製品では追加の設定が必要になります。追加の設定が必要な製品をインストールした場合、このダイアログ ボックスに設定コマンドの一覧が表示されます。

  • サポートされるコンパイラおよび SDK — 一部の製品ではサポートされるコンパイラまたはソフトウェア開発キットが必要です。この要件がある製品をインストールした場合は、詳細な情報へのリンクがインストーラーに表示されます。

[次へ] をクリックしてインストールを続行します。

手順 12: インストールの完了

インストールが正常に完了した後、インストールしたソフトウェアのアクティベーションを行うかどうかを選択できます。インストールしたソフトウェアは、アクティベーションを行うまで使用できません。インストール直後にアクティベーションを行うと、最も早く MATLAB の使用を開始できます。[次へ] をクリックして、アクティベーションを実行します。

ソフトウェアのアクティベーションを行わずにインストーラーを終了する場合は、[MATLAB のアクティベーション] オプションをオフにし、ラベルが [終了] に変更されたボタンをクリックします。後でソフトウェアのアクティベーションを行うときには、アクティベーション アプリケーションを使用します。ソフトウェアのアクティベーションが行われていない場合、MATLAB を起動したときにアクティベーション アプリケーションが自動的に起動します。

手順 13: インストールのアクティベーション

MATLAB のインストールでは、続いてソフトウェアのアクティベーションが行われます。手順の詳細については、インストールのオンライン アクティベーション を参照してください。

メモ

管理者:ソフトウェアのインストールは自分が行っても、アクティベーションはエンド ユーザーに行わせたいという場合があるかもしれません。この場合、手順はここで完了です。エンド ユーザーによるソフトウェアのアクティベーションの準備ができたら、リンク先の手順を実施するようエンド ユーザーに指示します。

関連するトピック