Main Content

事前定義されたフィルターを使用したイメージのフィルター処理

この例では、関数 fspecial を使用して事前定義されたガウスのラプラシアン (LoG) フィルターを作成し、関数 imfilter を使用してそのフィルターをイメージに適用する方法を説明します。LoG フィルターでは、強度が急速に変化する領域が強調表示され、ノイズによるばらつきの影響が低減されます。関数 fspecial は、事前定義されたその他の複数種類のフィルターを相関カーネル形式で作成します。

イメージを読み取って表示します。

I = imread('moon.tif');
imshow(I)

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type image.

fspecial を使用して、標準偏差が 0.4 である 7 行 7 列の LoG フィルターを作成します。

h = fspecial('log',7,0.4)
h = 7×7

    0.1263    0.1263    0.1263    0.1263    0.1263    0.1263    0.1263
    0.1263    0.1263    0.1263    0.1267    0.1263    0.1263    0.1263
    0.1263    0.1263    0.2333    1.1124    0.2333    0.1263    0.1263
    0.1263    0.1267    1.1124  -10.4357    1.1124    0.1267    0.1263
    0.1263    0.1263    0.2333    1.1124    0.2333    0.1263    0.1263
    0.1263    0.1263    0.1263    0.1267    0.1263    0.1263    0.1263
    0.1263    0.1263    0.1263    0.1263    0.1263    0.1263    0.1263

imfilter を使用してフィルターをイメージに適用します。

I2 = imfilter(I,h);

フィルター処理されたイメージを表示します。

imshow(I2)

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type image.

参考

|

関連するトピック