Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

バリアント システム

次元、サブシステムおよびバリアント モデルのコードと、Variant Sink ブロックおよび Variant Source ブロックが含まれるモデルのコードを生成します。

バリアント ブロックが含まれるモデルまたはシンボリック次元を使用するモデルでは、プリプロセッサの条件をもつコードを生成します。バリアント ブロックの場合、プリプロセッサの条件はコンパイル時までアクティブなバリアントの選択を遅らせるか、アクティブなバリアントの選択を許可しません。シンボリック次元の場合、プリプロセッサの条件はシミュレーション中にシンボル全体に対して確立される制約を定義します。

トピック

Represent Subsystem and Variant Models in Generated Code

Create a model with subsystem or variant models. Generate code that contains preprocessor conditionals that control the activation of each variant choice.

Implement Dimension Variants for Array Sizes in Generated Code

Specify dimension information as symbols in blocks and data objects. These symbols propagate throughout the model during simulation and then go into the generated code.

Represent Variant Source and Sink Blocks in Generated Code

Generate code that contains preprocessor conditionals that control the activation of each variant choice and allow for no active variant choice.

Generate Preprocessor Conditionals for Variant Systems

Define variant control variables and configure model for generating preprocessor conditional directives.

Configure Dimension Variants for S-Function Blocks

Configure S-functions to support forward propagation, backward propagation, or forward and backward propagation of symbolic dimensions during simulation.

Code Generation for Variant Blocks

Generate code containing preprocessor conditionals that control the active variant choice for a Simulink® model containing variant blocks.

Generate Code for Variant Subsystem with Child Subsystems of Different Output Signal Dimensions

This example shows how to use symbolic dimensions to generate code for a variant subsystem consisting of child subsystems of different output signal dimensions.

バリアント モデルを使用して C のプリプロセッサ条件を使用するコードを生成する

この例では、プリプロセッサの条件によって、どのコードが組み込み実行ファイルのリンク先になるかを制御するために、コードを生成するモデル バリアントの利用方法を説明します。