Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

テンプレートを使用した生成コード ファイルの形式の設定

この例では、コード生成テンプレートを使用して、カスタム コード バナーの追加、データと関数の再配置および追加のコード セグメントとドキュメンテーションの生成コード ファイルへの挿入方法を説明します。

モデルはモデルの説明、DOC ブロック、および Simulink の注釈からテキストを抽出します。Simulink の注釈がコード テンプレートの %<Note> 記号にマッピングされます。

テンプレートは組織のコーディング標準に対して一貫性のあるファイル レイアウトと詳細化を提供します。Embedded Coder には、生成コードを書式設定するための拡張コード生成テンプレートが用意されています。コード テンプレート ファイルのレイアウトと形式によって生成コードの出力を制御します。

コード生成テンプレート (.cgt ファイル) を使用すると、カスタム コード バナーの追加、データと関数の再配置、および追加のコード セグメントとドキュメンテーションの生成コード ファイルへの挿入が可能になります。コード生成テンプレートは MATLAB パスから自動的にインポートされます。このモデルでは、コード生成テンプレート rtwdemocodetemplate.cgt が使用されます。

1. モデル rtwdemo_codetemplate を開きます。

model='rtwdemo_codetemplate';
open_system(model)

2. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、[コード生成][テンプレート] ペインを開きます。

3. [コード テンプレート] セクションで、[ソース ファイル テンプレート] の横の [編集] ボタンをクリックします。rtwdemocodetemplate.cgt テンプレートが MATLAB コマンド ウィンドウで開きます。コード テンプレートを検査します。

4. モデルをビルドしてコードを生成します。[C コード] タブで、[ビルド] をクリックします。

5. rtwdemo_codetemplate.c を開いて生成されたコードを確認します。

rtwdemoclean;
close_system(model,0)