Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデルのファイル パッケージ化 (コードとデータ)

この例では、参照されたモデルからの、システム インターフェイスのカプセル化とインクリメンタルなコード生成の提供方法を説明します。1 つのモデルは別のモデルから (1 回以上) 参照可能で、参照モデルの状態 (入/出信号タイプ、パラメーター タイプおよびサンプル時間) は固定されています。このため、設計をモジュール化し、インクリメンタルなコード生成を行うことができます。

コード ジェネレーターにより、参照モデルのデータと関数は親モデルとは独立した、自身のファイル セットに分割されます。この例では、参照モデル rtwdemo_mdlrefbot は 3 回参照されています。シミュレーションとコード生成では、モデルは段階的に生成されます。つまり、rtwdemo_mdlrefbot は初回はビルドされますが、rtwdemo_mdlrefbot を変更しない限り以降のビルドでは生成されません。

open_system('rtwdemo_mdlreftop')

  1. コードを生成して検査します。

  2. rtwdemo_mdlreftop でいずれかの定数入力の値を変更します。

  3. コードを生成します。コード ジェネレーターは参照モデル rtwdemo_mdlreftop のコードを再現しません。

bdclose('rtwdemo_mdlreftop');