ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB Compiler ライセンス

開発用 MATLAB Compiler ライセンスの使用方法

MATLAB® コマンド プロンプト (MATLAB モード) または DOS/UNIX® プロンプト (スタンドアロン モード) から MATLAB Compiler™ を実行できます。

MATLAB Compiler"リンガー期間の設定されたライセンス" を使用しています。これは、MATLAB モードとスタンドアロン モードで動作が異なります。

MATLAB モードで MATLAB Compiler を実行

MATLAB 環境 "内" から MATLAB Compiler を実行する場合、すなわち MATLAB コマンド プロンプトから mcc を実行する場合、MATLAB が開いている間は MATLAB Compiler のライセンスが保持されます。MATLAB Compiler のライセンスを手放すには、MATLAB を終了します。

スタンドアロン モードで MATLAB Compiler を実行

DOS プロンプトや UNIX プロンプトから MATLAB Compiler を実行する場合は、MATLAB の "外" から実行します。この場合、MATLAB Compiler には以下が該当します。

  • MATLAB Compiler を実行中のシステムでは、MATLAB の実行を必要としない

  • ユーザーが MATLAB Compiler のライセンスを完全に所有する時間として、30 分が割り当てられる

MATLAB Compiler を呼び出すたびに、ユーザーは唯一の MATLAB Compiler のライセンス所有者として 30 分の使用時間を割り当てられます。その 30 分間内に同一のユーザーが MATLAB Compiler を呼び出した場合、新規で 30 分間の割り当てを得ることになります。30 分が経過し、他のユーザーが MATLAB Compiler を呼び出した場合、この新しいユーザーが次の 30 分間の割り当てを得ます。

ユーザーが MATLAB Compiler を呼び出したときにライセンスを利用できない場合は、次のメッセージが表示されます。

Error: Could not check out a Compiler License.

このメッセージは、利用できるライセンスがない場合に表示されます。ライセンスが使用できる限り、ユーザーはライセンスを得ることができ、メッセージは表示されません。十分なライセンスをユーザーに提供することで、MATLAB Compiler のすべてのユーザーが常に MATLAB Compiler にアクセスできるようになります。