Main Content

配布コードのエラーのトラブルシューティング

配布コードに失敗する場合、実行時エラーの検出を有効にした状態でコードを再生成することを検討してください。実行時エラーの検出を有効にすると、生成されたコードには範囲外の配列インデックスなどのエラーを検出し、報告するコードが含まれます。コードがこれらのエラーのいずれかを検出すると、メッセージを報告し、プログラムを終了します。エラー チェックが含まれるコードを実行すると、いずれかのエラーが失敗の原因であるかどうかを確認するのに役立ちます。

実行時エラーの検出は生成されたコードのパフォーマンスに影響する場合があります。パフォーマンスがアプリケーションの考慮事項になっている場合、トラブルシューティングが終了したら、実行時エラーの検出を無効にした状態でコードを再生成します。

Generate Standalone C/C++ Code That Detects and Reports Run-Time Errorsおよび例: 実行時エラーを検出および報告するスタンドアロン C コードの生成を参照してください。