パワー エレクトロニクスのデジタル制御をシミュレーションすることにより、ハードウェア-ソフトウェア統合テストを開始する前に、コンバーターの電源と負荷の変動時の振る舞いを確認することが出来ます。また、抵抗やキャパシタなどの受動コンポーネントとパワートランジスタなどの能動コンポーネントを組み合わせた回路トポロジをモデリングすることで、電源電圧や負荷電流の変動時の制御性能の確認やストレステスト、故障を発生させたときのフェールセーフ制御の検証を行うことができます。

このホワイト ペーパーをダウンロード すると、システムレベル シミュレーションにより電力コンバーターのデジタル制御開発をスピードアップする方法を学習できます。

Simulink® によるパワー エレクトロニクス制御設計により、昇圧コンバーターや降圧コンバーターなどのスイッチング電源をモデリングし以下の事が可能になります:

  • コストとパフォーマンスのバランスをとるためにトレード評価と最適化分析を実施
  • デスクトップおよびリアルタイム シミュレーションにより設計を検証
  • モデルから C/C++ と HDL コードを生成