組み込みマイクロプロセッサで動作する実用的なアダプティブクルーズコントローラーを実装することで、制御性能の向上が可能です。日立オートモーティブシステムズが、Simulink® と Model Predictive Control Toolbox™ を使用して実現した以下についてご紹介します。

  • モデル予測制御の技術を使用した、ストップ&ゴー機能を備えたアダプティブクルーズコントローラーの設計
  • 様々な運転シナリオをシミュレーションして、コントローラーの性能を確認および検証
  • 組み込みマイクロプロセッサにコントローラーを実装し、実験車両の性能を検証

Simulink と Model Predictive Control Toolbox を使用することで、シミュレーションモデルによりアルゴリズムを設計および検証し、自動コード生成によりハードウェアに展開できるため、コントローラーの開発時間を短縮することが可能です。

詳細については、技術論文をダウンロードしてご覧ください。