ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

eq

方程式を定義

以前のリリースでは、場合によっては、eq はシンボリック数のみを含む方程式の値を求め、論理値 1 または 0 を返しました。以前のリリースと同じ結果を得るためには、方程式を isAlways でラップします。たとえば、isAlways(A == B) を使用します。

構文

A == B
eq(A,B)

説明

A == B は、シンボリック方程式を作成します。その方程式を solveassumeezplotsubs などの関数の引数として使用できます。

関数 eq(A,B) は、関数 A == B と等価です。

入力引数

A

数値 (整数、有理数、浮動小数点数、複素数またはシンボリック)、シンボリック変数または式、あるいは数値、シンボリック変数または式の配列。

B

数値 (整数、有理数、浮動小数点数、複素数またはシンボリック)、シンボリック変数または式、あるいは数値、シンボリック変数または式の配列。

次の三角関数方程式を解きます。方程式を定義するには、関係演算子 == を使用します。

syms x
solve(sin(x) == cos(x), x)
ans =
pi/4

次の三角関数方程式をプロットします。方程式を定義するには、関係演算子 == を使用します。

syms x y
ezplot(sin(x^2) == sin(y^2))

isAlways を使用して 2 つのシンボリック式の等価性をテストします。

syms x
isAlways(x + 1 == x + 1)
ans =
     1
isAlways(sin(x)/cos(x) == tan(x))
ans =
     1

2 つのシンボリック行列の等価性をチェックします。

A = sym(hilb(3));
B = sym([1, 1/2, 5; 1/2, 2, 1/4; 1/3, 1/8, 1/5]);
isAlways(A == B)
ans =
     1     1     0
     1     0     1
     1     0     1

行列とスカラーを比較する場合は、== は入力行列としてスカラーを同じ次元の行列に拡張します。

A = sym(hilb(3));
B = sym(1/2);
isAlways(A == B)
ans =
     0     1     0
     1     0     0
     0     0     0

関連する例

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • シンボリック オブジェクトではない A および B において == または eq を呼び出すと、MATLAB® 関数 eq が呼び出されます。この関数は、要素が論理値 1 (true) に設定された論理配列を返します。ここで、AB は等価です。そうでない場合は、論理値 0 (false) を返します。

  • AB の両方が配列の場合は、これらの配列は同じ次元でなければなりません。A == B は、方程式の配列 A(i,j,...) == B(i,j,...) を返します。

  • 一方の入力がスカラーでもう一方が配列の場合には、== はスカラーを入力配列と同じ次元数の配列に展開します。つまり、A が変数 (x など)、B が m 行 n 列の行列であれば、A は、各要素に x が設定された m 行 n 列の行列に拡張されます。

参考

| | | | | |

R2012a で導入

この情報は役に立ちましたか?