ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

growTrees

クラス: TreeBagger

追加のツリーの育成と集団への追加

構文

B = growTrees(B,ntrees)
B = growTrees(B,ntrees,'param1',val1,'param2',val2,...)

説明

B = growTrees(B,ntrees) は、ntrees の新規ツリーを増やして、集団 B に既に保存されているツリーへ追加します。

B = growTrees(B,ntrees,'param1',val1,'param2',val2,...) は、追加のパラメーターの名前と値のペアを指定します。

'nprint'value の育成サイクルが完了する (ツリーが増加する) ごとに、育成の進行状況を示す診断メッセージを表示するように指定します。既定の設定では、診断メッセージなしです。
'options'決定木の集団を増やす際に、計算を管理するオプションを指定する struct。Parallel Computing Toolbox™ を使用できる場合、オプション数を 1 にすると、複数のブートストラップ複製における決定木の計算で、複数のプロセッサを使用するように要求されます。オプション数が 2 の場合は、ブートストラップ複製を選択する際に乱数ストリームを使用するよう指定されます。この引数は、statset の呼び出しで作成できます。個別のフィールドの値は、statget の呼び出しで取得することができます。該当する statset パラメーターは次のとおりです。
  • 'UseParallel' - true を指定し、かつ Parallel Computing Toolbox の parpool が開いている場合は、個々のブートストラップ複製上に抽出された決定木を並列に計算します。Parallel Computing Toolbox がインストールされていないか、parpool が開いていない場合、計算は逐次モードで行われます。既定の設定は、false または逐次計算です。

  • UseSubstreams — 再生成可能な方法で並列計算する場合は true に設定します。既定値は false です。再現性のある計算を行うには、Streams をサブストリームを許可する型、'mlfg6331_64' または 'mrg32k3a' に設定します。

  • StreamsRandStream オブジェクトまたはそのようなオブジェクトのセル配列。Streams を指定しないと、growTrees には既定のストリームが使用されます。Streams を指定するように選択した場合、次の場合を除いて単一オブジェクトを使用してください。

    • 開いている並列プールがある

    • UseParalleltrue

    • UseSubstreamsfalse

    この場合は、並列プールと同じサイズのセル配列を使用します。

この情報は役に立ちましたか?