ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tdfread

タブ区切りファイルの読み取り

構文

tdfread
tdfread(filename)
tdfread(filename,delimiter)
s = tdfread(filename,...)

説明

tdfread は、データ ファイルを対話型で選択する [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示し、次にファイルからデータを読み取ります。ファイルの 1 行目にはタブで区切られた変数名が、残りの行にはタブで区切られたデータがなければなりません。tdfread はワークスペースで、ファイルの各列に 1 つずつ変数を作成します。変数名はファイルの 1 行目で受け取られます。そのファイルの 1 つの列が、2 行目以降数値データだけである場合、tdfread は変数 double を作成します。それ以外の場合、tdfread は変数 char を作成します。すべてのデータをインポートした後、tdfreadtdfread コマンドの形式を使用してインポートされた値に関する情報を表示します。

tdfread(filename) は、現在のフォルダーのファイル名またはその他のファイルの完全パス名を、文字列 filename を使用してコマンド ラインで指定できます。

tdfread(filename,delimiter) は、delimiter で指定した文字でファイル内の列を分割することを表します。delimiter に使用可能な値は以下のとおりです。

  • ' ' または 'space'

  • '\t' または 'tab'

  • ',' または 'comma'

  • ';' または 'semi'

  • '|' または 'bar'

既定の設定の区切り記号は 'tab' です。

s = tdfread(filename,...) は、各フィールドに 1 つの変数を含むスカラー構造体 s を返します。

次のようにしてファイル sat2.dat の内容を表示します。

type sat2.dat

Test,Gender,Score
Verbal,Male,470
Verbal,Female,530
Quantitative,Male,520
Quantitative,Female,480

以下は、ファイル sat2.dat から変数 GenderScore、および Test を作成し、MATLAB® ワークスペースの内容を表示します。

tdfread('sat2.dat',',')

Name    Size    Bytes    Class    Attributes

Gender  4x6     48       char
Score   4x1     32       double
Test    4x12    96       char

参考

|

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?