ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

t Location-Scale 分布

定義

t location-scale 分布は、次の密度関数をもちます。

Γ(ν+12)σνπΓ(ν2)[ν+(xμσ)2ν](ν+12)

この密度関数は、位置パラメーター µ、スケール パラメーター σ > 0、および形状パラメーター ν > 0 をもちます。x がパラメーター µσ、および ν をもつ、t location-scale 分布に従う場合、

xμσ

は、自由度 ν をもつスチューデントの t 分布に従います。

背景

t location-scale 分布は、正規分布よりも厚い裾 (外れ値によりなりやすい) をもつデータの分布のモデリングに有効です。これは、ν が無限大に近づくにつれて、正規分布に近づき、ν の値が小さいほど裾が厚くなります。

パラメーター

分布パラメーターを評価するには、mle または分布近似アプリケーションを使用します。

この情報は役に立ちましたか?