ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

refline

プロットへの基準線の追加

構文

refline(m,b)
refline(coeffs)
refline
hline = refline(...)

説明

refline(m,b) は、勾配 m が付いた基準線と切片を b を現在の軸に追加します。

refline(coeffs) (coeffs は 2 要素係数ベクトル) は、ライン

   y = coeffs(1)*x + coeffs(2) 

を Figure に追加します。

入力因数のない refline は、lsline に等しくなります。

hline = refline(...) は、ハンドル hline をラインに返します。

すべて展開する

平均値の基準線の追加

独立変数 x および従属変数 y に対する標本データを生成します。

x = 1:10;
y = x + randn(1,10);

x および y の散布図を作成します。

scatter(x,y,25,'b','*')

散布図に最小二乗線
を重ね合わせます。

lsline

散布の平均値の基準線とその最小二乗線を追加します。

mu = mean(y);
hline = refline([0 mu]);
set(hline,'Color','r')

赤の直線は、データの平均値の基準線を示しています。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?