ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スケジューラ

特定の時間に単独または複数のシステムを実行する設計パターン

例および操作のヒント

単一のステップにおける複数のサブシステムのスケジューリング

ラダー ロジック スケジューラーの設計パターンを使用すると、単一のタイム ステップで複数の Simulink® サブシステムの実行順序を指定できます。

単一のステップにおける単一のサブシステムのスケジューリング

"ループ スケジューラー" 設計パターンを使用すると、単一のタイム ステップで単一の Simulink サブシステムを複数回実行するようにスケジュールできます。

サブシステムを特定の時間に実行させるスケジューリング

時相論理スケジューラー設計パターンを使用すると、特定の時間で Simulink サブシステムを実行するようにスケジュールできます。

概念

スケジューラーを実装する場合

Stateflow® チャートを使用して、モデル内の Simulink サブシステムの実行順序を明示的にスケジュールします。

スケジューラーのタイプ

Stateflow チャートを使用して、以下のタイプのスケジューラーを実装できます。

関数呼び出しのスケジュール

Stateflow で条件付きの、時間をベースとしたロジックを使用して、Simulink および MATLAB® 関数の呼び出しをスケジュールできます。

この情報は役に立ちましたか?