ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

パルス幅変調 (PWM) 信号を使用するモデルの設定

以下の例では、線形化のためにパルス幅変調 (PWM) 入力信号を使用するモデルを設定する方法を説明します。線形化では、DC 信号のゲインを 1 として捉えるサブシステムのカスタム線形化を指定します。

多くの工業アプリケーションでは、ノイズがあっても強力なパルス幅変調 (PWM) 信号を使用します。

次の図は 2 つの PWM 信号を示しています。上のプロットでは、デューティ比が 20% の PWM 信号が 0.2 V の DC 信号を表しています。サイクルの 20 % について、20% のデューティ比は 1 V 信号に相当し、その後、サイクルの 80% について 0 V 信号の値が続きます。平均信号値は 0.2 V です。

下のプロットでは、デューティ比が 80% の PWM 信号が 0.8 V の DC 信号を表しています。

たとえば、scdpwm モデルでは、PWM 信号は定数信号に変換されます。

PWM 信号を含んでいるモデルを線形化する場合、2 つの結果を考慮しなければなりません。

  • 操作点における信号レベルは、PWM 信号内のいずれか 1 つの離散値であり、DC 信号値ではありません。たとえば、上記のモデルでは、信号レベルは 0 または 1 であり、0.8 ではありません。操作点におけるこの変化は、線形化されたモデルに影響を与えます。

  • 次の図に示すサブシステム Voltage to PWM 内の PWM 信号の作成では、Compare to Zero ブロックを使用します。このようなコンパレーター ブロックは、不連続性と非倍精度出力が原因となって、適切に線形化されません。

関連する例

この情報は役に立ちましたか?