ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

frest.simCompare

パッケージ: frest

非線形および線形モデルの時間領域シミュレーションのプロット

構文

frest.simCompare(simout,sys,input)
frest.simCompare(simout,sys,input,x0)
[y,t] = frest.simCompare(simout,sys,input)
[y,t,x] = frest.simCompare(simout,sys,input,x0)

説明

frest.simCompare(simout,sys,input) は、以下の両方をプロットします。

  • 非線形 Simulink モデルのシミュレーション出力 simout

    frestimate コマンドから出力を得ます。

  • 線形モデル sys の、入力信号 input に対するシミュレーション出力

    線形シミュレーションの結果は、simout データの初期出力値によってオフセットされます。

frest.simCompare(simout,sys,input,x0) は、周波数応答シミュレーション出力と線形モデルのシミュレーション出力を初期状態 x0 でプロットします。初期状態を指定するため、線形シミュレーション結果は simout データ内の初期出力値によってオフセットされません

[y,t] = frest.simCompare(simout,sys,input) は、線形モデル sys に対して線形シミュレーション出力応答 y および時間ベクトル t を返します (入力信号 input)。この構文は、プロットを表示しません。行列 y は時間サンプルと同じ行数で ((length(t)))、システム出力と同じ列数です。

[y,t,x] = frest.simCompare(simout,sys,input,x0) は、状態空間モデル sys に対して初期状態 x0 で状態軌跡 x を返します。

Simulink® watertank モデルとその線形モデル表現の時間領域シミュレーションを比較します。

% Create input signal for simulation
input = frest.createStep('FinalTime',100);

% Open the Simulink model
watertank

% Specify the operating point for the estimation
watertank_spec = operspec('watertank');
op = findop('watertank',watertank_spec)

% Specify portion of model to estimate
io(1)=linio('watertank/PID Controller',1,'input');
io(2)=linio('watertank/Water-Tank System',1,'output');

% Estimate the frequency response of the watertank model
[sysest,simout] = frestimate('watertank',op,io,input)
sys = linearize('watertank',op,io);
frest.simCompare(simout,sys,input);
ソフトウェアは次のプロットを返します。

この情報は役に立ちましたか?