ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

補償器設計のアプローチの選択

Simulink® Control Design™ では、Transfer Function ブロックや PID Controller ブロックなどの Simulink ブロックを調整するために、次の 2 つのツールが用意されています。

次の表を使用して、実行する操作をサポートしているツールを決定してください。

 PID 調整器SISO 設計ツールを使って、次の作業を行うことができます。
サポートされているブロックPID Controller
PID Controller 2DOF
線形ブロック
ループ構造単位フィードバックをもつ単一ループ制御システム単ループまたはマルチループ制御システム
制御設計法システムの応答時間と過渡応答の指定による単純な自動 PID ゲイン調整

ボード、根軌跡、ニコルスなどの設計プロット上の極/零点のグラフィカル調整

PID、LQG、IMC、ロバスト制御ループ整形、Simulink Design Optimization の自動調整法を使用します。

制御システムの性能の解析

設定値追従と外乱の抑制に対する時間応答と周波数応答

SISO ツールの LTI ビューアーを使用した Simulink モデルでの入力基準または外乱に対応する応答の任意の組み合わせ

非線形プラントがある場合、ソフトウェアは、コントローラー ブロックを調整する前にモデルを自動的に線形化します。

この情報は役に立ちましたか?