ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

視覚的表現

モデルの視覚的設計の向上、ブロックの配置とサイズ変更、色の設定、モデルの注釈付け、ブロックとサブシステムのマスク

ブロック

DocBlock モデルを記述するテキストを作成して、モデルと共にテキストを保存します。
Model Info モデル プロパティとモデル中のテキストを表示する

関数

add_block ブロックをモデルに追加
docblock Simulink DocBlock が呼び出すエディターの取得と設定
hilite_system Simulink オブジェクトの強調表示
getCallbackAnnotation 注釈についての情報を取得

クラス

Simulink.Annotation モデルの注釈プロパティの指定

例および操作のヒント

レイアウト

ブロックの外観の変更

ブロックのサイズ、向き、色、ラベルを変更する方法

ブロック グループの整列、配布、サイズ変更

ブロック グループの整列、配布、およびサイズ変更の方法

ブロック線図の色の指定

ブロックの色、ライン、ブロック線図の注釈、背景色などの指定方法

注釈

注釈の作成

この例では次の注釈を作成します。

注釈での TeX コマンドの使用

TeX 形式のコマンドを使用して、数学記号その他のシンボルやギリシャ文字をブロック線図の注釈に含めることができます。

イメージのみの注釈の追加

イメージのみの注釈を追加できます。

注釈からブロックに接続するラインの追加

モデル内で、注釈とブロックの間にコネクタ ラインを追加できます。

注釈の表示または非表示

既定では、すべての注釈はモデルに表示されます。

注釈の対話型への変更

コールバックを追加することで、注釈を対話型にすることができます。

プログラムによる注釈の作成

MATLAB® コードを使用して注釈のプロパティを取得および設定します。

モデルの領域のボックス化とラベル付け

ブロックを含むモデルの領域を選択し、領域にラベルを付けて、グループとして移動できます。

設定

Simulink 設定の指定

[Simulink® 設定] ウィンドウを使用して、さまざまなオプションと既定の動作を指定できます。

概念

注釈

ブロック線図内で注釈を使用してモデルに関する情報を可視化します。

この情報は役に立ちましたか?