ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

slproject.loadProject

Simulink プロジェクトを読み込みます。

構文

  • slproject.loadProject(projectPath);
  • proj = slproject.loadProject(projectPath)

説明

slproject.loadProject(projectPath); は、.prj ファイルまたは projectPath フォルダーで指定されたプロジェクトを Simulink® プロジェクト ツールに読み込み、現在開いているすべてのプロジェクトを閉じます。

proj = slproject.loadProject(projectPath) は、プロジェクトを読み込み、プロジェクトを操作するための proj プロジェクト オブジェクトを返します。プロジェクトのオートメーション スクリプトでは、関数 slproject.loadProject を使用します。

すべて折りたたむ

'C:/projects/project1/' というフォルダーからプロジェクトを読み込みます。プロジェクトの場所に応じてこのパスを置き換えてください。

proj = slproject.loadProject('C:/projects/project1/')

機体のプロジェクトを開き、slproject.getCurrentProjects を使用してコマンド ラインでプロジェクトを操作するためのプロジェクト オブジェクトを取得します。

sldemo_slproject_airframe
proj = slproject.getCurrentProjects
proj = 

  ProjectManager with properties:

          Name: 'Simulink Project Airframe Example'
           Categories: [1x1 slproject.Category]
            Shortcuts: [1x8 slproject.Shortcut]
          ProjectPath: [1x7 slproject.PathFolder]
    ProjectReferences: [1x0 slproject.ProjectReference]
                Files: [1x30 slproject.ProjectFile]
           RootFolder: 'C:\Work\Simulink\Projects\airframe'

機体のプロジェクトを取得します。

sldemo_slproject_airframe
proj = slproject.getCurrentProjects;

プロジェクトのコマンドを調べます。

methods(proj)
Methods for class slproject.ProjectManager:

addFile                       findCategory        
addFolderIncludingChildFiles  findFile            
close                         isLoaded            
createCategory                listModifiedFiles   
export                        refreshSourceControl


reload
removeCategory
removeFile    

プロジェクト オブジェクトを取得後、プロジェクト プロパティを確認できます。

機体のプロジェクトを取得します。

sldemo_slproject_airframe
proj = slproject.getCurrentProjects;

プロジェクト ファイルを確認します。

files = proj.Files
files = 

  1x30 ProjectFile array with properties:

    Path
    Labels
    Revision
    SourceControlStatus

13 番目のファイルのラベルを調べます。

proj.Files(13).Labels
ans = 

  Label with properties:

File:  'C:\Temp\airframe\models\AnalogControl.mdl'
            Data: []
        DataType: 'none'
            Name: 'Design'
    CategoryName: 'Classification'

名前で特定のファイルを取得します。

myfile = findFile(proj, 'models/AnalogControl.mdl')
myfile = 

  ProjectFile with properties:

      Path:  'C:\Temp\airframe\models\AnalogControl.mdl'
    Labels: [1x1 slproject.Label]
  Revision: '2'
SourceControlStatus: Unmodified

ファイルで何ができるか調べます。

methods(myfile)
Methods for class slproject.ProjectFile:

addLabel
removeLabel
findLabel

入力引数

すべて折りたたむ

.prj プロジェクト ファイルの絶対パスまたはプロジェクトのルート フォルダーのパス。文字列で指定。

例: 'C:/projects/project1/myProject.prj'

例: 'C:/projects/project1/'

出力引数

すべて折りたたむ

プロジェクト オブジェクトとして返されたプロジェクト。プロジェクト オブジェクトを使用して、Simulink プロジェクトをコマンド ラインで操作/検索します。

proj 出力引数のプロパティ。

プロジェクトのプロパティ説明
Nameプロジェクト名
カテゴリプロジェクト ラベルのカテゴリ
ショートカットプロジェクトのショートカット ファイル
ProjectPath

プロジェクトが MATLAB® パス上に配置するフォルダー 

ProjectReferences参照プロジェクトを含むフォルダー 
ファイルプロジェクト ファイルのパスと名前
RootFolderプロジェクトのルート フォルダーの絶対パス

R2013a で導入

この情報は役に立ちましたか?