ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.SubsysDataLogs

サブシステムの信号データ ログのコンテナー

説明

    メモ:   R2016a より前では、Simulink.SubsysDataLogs クラスは、ModelDataLogs ログ データ形式と組み合わせて使用されました。R2016a 以降は、データを [ModelDataLogs] 形式で記録することはできません。信号ログでは、[Dataset] 形式が使用されます。

    ただし、前のリリースで [ModelDataLogs] 形式を使用してログ記録されたデータは使用できます。

R2016a よりも前のリリースでは、Simulink® によってこのクラスのインスタンスが作成され、ModelDataLogs 形式で記録されたサブシステム モデル内の信号のログが含まれていました。このクラスのオブジェクトは、可変個のプロパティをもちます。Name という名前の最初のプロパティは、このオブジェクトが含むログ データをもつサブシステムの名前です。残りのプロパティは信号ログまたは信号ログ コンテナー オブジェクトで、このオブジェクトの Name プロパティで指定されるサブシステムのログ データを保存します。

たとえば、R2016a より前のリリースのモデル実行から取得した、次のようなログ データがあるとします。

Simulink.SubsysDataLogs (Gain):
  Name                   elements  Simulink Class

  a                         1      Timeseries
  m                         2      TsArray

完全修飾ログ名または unpack コマンドを使用して、SubsysDataLogs オブジェクトに含まれる信号ログにアクセスできます。たとえば、前の例の信号 a のログの振幅にアクセスするには、MATLAB® コマンド ラインに次のように入力します。

data = logsout.Gain.a.Data;

または

>> logsout.unpack('all');
data = a.Data;

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?