ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.BusElement

信号バスの要素を記述

説明

このクラスのオブジェクトは、Simulink.Bus クラスのオブジェクトで定義されるバスの要素を定義します。

プロパティ ダイアログ ボックス

Name

この要素の名前。信号名のガイドラインは、「信号名とラベル」を参照してください。

Data Type: 文字列

Access: RW

DataType

この要素のデータ型の名前。このフィールドは、次の値をとることができます。

  • 組み込み Simulink® データ型 (たとえば、double または uint8)。

  • Simulink.NumericType オブジェクト。ただし、例外が 1 つあります。その例外とは、Simulink.NumericTypeCategory[Fixed-point: unspecified scaling] の場合です。

      メモ:   [Fixed-point: unspecified scaling] は、Simulink.NumericType を使用するブロックによって定義が決まる部分的に指定されたタイプです。バス要素に対してこれを利用できない場合、どこで利用されるかに依存して、異なるデータ型をもつバス要素が作成されなくなります。

  • Simulink.Bus オブジェクト (Bus: <object name> オプションを使用)。これにより、階層的なバス (すなわち、他のバスを含むバス) を指定するバス オブジェクトを作成できます。

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、[データ型] パラメーターに関する設定を行う [データ型アシスタント] を表示します 「データ型アシスタントを利用したデータ型の指定」を参照してください。

Data Type: 文字列

Access: RW

Dimensions

この要素のサイズを指定するベクトル。

Data Type: 配列

Access: RW

実数/複素数

この要素の数値型 (実数 または 複素数)このバス要素自体がバスである場合、実数 でなければなりません。

Data Type: 文字列

Access: RW

SampleTime

この信号の値を再計算しなければならない時間の間の間隔のサイズ。このバス要素自体がバスであるか、あるいはこの要素を含むバスが Rate Transition ブロックのように、バスのサンプル時間を変更するブロックを通る場合、[-1 (継承)] でなければなりません。詳細は、「サンプル時間の指定」を参照してください。

Data Type: double

Access: RW

Min

この要素の最小値。有限の実数で double のスカラー値でなければなりません。この要素自体がバスである場合、この値は空 [] でなければなりません。

Data Type: double

Access: RW

Max

この要素の最大値。有限の実数で double のスカラー値でなければなりません。この要素自体がバスである場合、この値は空 [] でなければなりません。

Data Type: double

Access: RW

SamplingMode

この要素のサンプリング モード。この要素がバスの場合、サンプルベースであることが必要です。このフィールドは、Simulink モデルに基づいたアプリケーションによる使用を目的としています。

Data Type: 文字列

Access: RW

DimensionsMode

この要素のサイズ (次元内の要素数) がシミュレーション中に変化するか、固定のままかどうかを指定するフィールド。このフィールドは、次の値を設定します。

  • Fixed: 要素のサイズはシミュレーション中に変更しない可能性があります。

  • Variable: 要素のサイズはシミュレーション中に変更する可能性があります。

詳細は、「可変サイズの信号の基礎」を参照してください。

Data Type: 文字列

Access: RW

単位

この値を表現する物理単位 (たとえばインチ)。単位を指定するには、テキスト ボックスに入力します。入力中、パラメーターには一致する可能性のある単位文字列が表示されます。詳細については、「Simulink モデルでの単位の指定」を参照してください。

Data Type: 文字列

Access: RW

説明

バス要素の説明。このフィールドは、このパラメーターの記録に使用します。Simulink はこれを無視します。

Data Type: 文字列

Access: RW

この情報は役に立ちましたか?