ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Signal Specification

信号の必要な次元、サンプル時間、データ型、数値タイプ、および属性を指定

ライブラリ

Signal Attributes

説明

Signal Specification ブロックを使用すると、ブロックの入出力端子に接続された信号の属性を指定できます。指定した属性が、端子に接続されたブロックにより指定された属性と一致しない場合、モデルをコンパイルするときに Simulink® によってエラーが表示されます。たとえば、シミュレーションの開始時に不一致が存在しない場合、Simulink はコンパイルされたモデルから Signal Specification ブロックを除外します。言い換えれば、Signal Specification ブロックはバーチャル ブロックです。このブロックは、信号の属性を指定するためだけに存在し、モデルのシミュレーションで何も役割を果たしません。

Signal Specification ブロックを使って、信号の実際の属性が必要な属性に一致するようにすることができます。たとえば、ユーザーと同僚が同じモデルの異なる部分で作業をしていると仮定します。この場合、ユーザーは Signal Specification ブロックを使って同僚の部分にユーザーのモデルの部分を接続することができます。次に同僚がユーザーに通知しないで信号の属性を変更した場合、対応する Signal Specification ブロックに入力される属性が一致しなくなり、モデルをシミュレーションしようとするとエラーが発生します。

Signal Specification ブロックは、モデル全体にわたって信号属性の正しい伝播を保証するためにも使用できます。Simulink のブロック間で多数の属性を伝達できるようにする能力は極めて強力です。ただし、受け入れるまたは出力する信号の属性をブロックが指定できない可能性があるので、属性を正しく伝達するための十分な情報がモデルにない場合があります。このようなケースでは、Signal Specification ブロックは、Simulink が必要とする情報を提供する適切な手段になります。Signal Specification ブロックを使用すると、ブロックが信号属性を失っているときにモデルのコンパイルを能率よく行うこともできます。

Signal Specification ブロックは「信号ラベルの伝播」をサポートします。

サポートするデータ型

Signal Specification ブロックは、Simulink がサポートするすべてのデータ型 (固定小数点データ型および列挙型データを含む) の実数および複素数信号とバス オブジェクトを受け入れます。入力のデータ型は、[データ型] パラメーターにより指定されたデータ型に一致しなければなりません。

    メモ:   このブロックのデータ型としてバス オブジェクトを指定した場合、ブロックのバス データの最小値および最大値を設定しないでください。Simulink はこれらの設定を無視します。代わりに、データ型として指定したバス オブジェクトのバス要素の最小値と最大値を設定してください。値は有限の実数で倍精度のスカラー値にする必要があります。

    バス要素の最小および最大プロパティの詳細は、Simulink.BusElement を参照してください。

詳細は、「Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

最小値

ブロックが出力する最小値を指定します。

設定

既定の設定: [] (指定なし)

この数値は有限の実数で double のスカラー値でなければなりません。

    メモ:   このブロックのデータ型としてバス オブジェクトを指定した場合、ブロックのバス データの最小値を設定しないでください。Simulink によりこの設定は無視されます。代わりに、データ型として指定したバス オブジェクトのバス要素の最小値を設定してください。バス要素の最小値プロパティの詳細は、Simulink.BusElement を参照してください。

Simulink は、以下を行う際にこの値を使用します。

  • シミュレーション範囲のチェック (「信号範囲」を参照)

  • 固定小数点データ型の自動スケーリング

コマンド ライン情報

パラメーター: OutMin
タイプ: 文字列
値: 任意の有効な double の有限実数スカラー値
既定の設定: '[]'

最大値

ブロックが出力する最大値を指定します。

設定

既定の設定:[] (指定なし)

この数値は有限の実数で double のスカラー値でなければなりません。

    メモ:   このブロックのデータ型としてバス オブジェクトを指定した場合、ブロックのバス データの最大値を設定しないでください。Simulink によりこの設定は無視されます。代わりに、データ型として指定したバス オブジェクトのバス要素の最大値を設定します。バス要素の最大プロパティの詳細は、Simulink.BusElement を参照してください。

Simulink は、以下を行う際にこの値を使用します。

  • シミュレーション範囲のチェック (「信号範囲」を参照)

  • 固定小数点データ型の自動スケーリング

コマンド ライン情報

パラメーター: OutMax
タイプ: 文字列
値: 任意の有効な double の有限実数スカラー値
既定の設定: '[]'

データ型

出力データ型を指定します。

設定

既定の設定: 自動

Inherit: auto

データ型を継承します。

double

データ型が double になるように指定します。

single

データ型が single になるように指定します。

int8

データ型が int8 になるように指定します。

uint8

データ型が uint8 になるように指定します。

int16

データ型が int16 になるように指定します。

uint16

データ型が uint16 になるように指定します。

int32

データ型が int32 になるように指定します。

uint32

データ型が uint32 になるように指定します。

boolean

データ型が boolean になるように指定します。

fixdt(1,16,0)

データ型が固定小数点 fixdt(1,16,0) になるように指定します。

fixdt(1,16,2^0,0)

データ型が固定小数点 fixdt(1,16,2^0,0) になるように指定します。

Enum:<class name>

データ型を列挙型に指定します。

Bus:<object name>

データ型はバス オブジェクトです。

<data type expression>

データ型オブジェクトの名前です。たとえば、Simulink.NumericType などです。

バス オブジェクトを式として指定しないでください。

依存関係

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、[データ型] パラメーターに関する設定を行う [データ型アシスタント] を表示します。

コマンド ライン情報

パラメーター: OutDataTypeStr
タイプ: 文字列
値: 'Inherit: auto' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'boolean' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>' | 'Bus: <object name>' | <data type expression>
既定の設定: 'Inherit: auto'

参考

「信号のデータ型の制御」.

データ型アシスタントを表示

[データ型アシスタント] を表示します。

設定

[データ型アシスタント] を使用すると、[出力データ型] パラメーターを設定できます。

詳細は、「信号のデータ型の制御」を参照してください。

モード

指定するデータのカテゴリを選択します。

設定

既定の設定: 継承

継承

データ型の継承規則を指定します。[継承] を選択すると、[自動] が有効になります。

組み込み

組み込みデータ型を指定します。[組み込み] を選択すると、値のリストが有効になります。

  • double (既定の設定)

  • single

  • int8

  • uint8

  • int16

  • uint16

  • int32

  • uint32

  • boolean

固定小数点

固定小数点データ型を指定します。

列挙型

列挙型データを指定します。[列挙型] を選択すると、クラス名を入力できます。

バス

バス オブジェクト。[バス] を選択すると、右側にある [バス オブジェクト] パラメーターが有効になり、バスの構造を定義するために使用するバス オブジェクトの名前を入力できます。バス オブジェクトを作成または変更する必要がある場合は、[バス オブジェクト] フィールドの右側にある [編集] をクリックして、Simulink バス エディターを開きます。バス エディターの詳細は、「バス エディターによるバス オブジェクトの管理」を参照してください。

データ型を評価する式。[式] を選択すると、右側から 2 番目のメニュー/テキスト ボックスが有効になります。そこに式を入力することができます。

バス オブジェクトを式として指定しないでください。

依存関係

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックすると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

参考

「データ型アシスタントを利用したデータ型の指定」.

データ型オーバーライド

この信号のデータ型オーバーライド モードを指定します。

設定

既定の設定: 継承

継承

コンテキストからデータ型オーバーライド設定を継承します。コンテキストとはブロックのことで、信号を使用している Simulink の Simulink.Signal オブジェクトまたは Stateflow® チャートです。

オフ

コンテキストのデータ型オーバーライド設定を無視し、信号に対して指定された固定小数点データ型を使用します。

ヒント

個々のデータ型に対してデータ型オーバーライドをオフにする機能により、データ型オーバーライドを適用する際に、モデル内のデータ型をさらに効果的に制御できます。たとえば、このオプションを使用すると、データ型オーバーライド設定にかかわらず、データ型が下流ブロックの要件を満たすことを確認できます。

依存関係

このパラメーターは、[モード]組み込み または 固定小数点 の場合にのみ表示されます。

符号付き/なし

固定小数点データを符号付きにするか、符号なしにするかを指定します。

設定

既定の設定: 符号付き

符号付き

符号付き固定小数点データを指定します。

符号なし

符号なし固定小数点データを指定します。

依存関係

[モード]固定小数点を選択すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

参考

「固定小数点データ型の指定」.

語長

量子化された整数をもつ語のビット サイズを指定します。

設定

既定の設定: 16

最小値: 0

最大値: 32

長い語長は短い語長に比べてよい精度で大きな値を表します。

依存関係

[モード]固定小数点を選択すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

参考

「固定小数点データ型の指定」.

スケーリング

オーバーフローを避け、量子化誤差を最小限に抑えるための固定小数点データのスケーリング方法を指定します。

設定

既定の設定: 最高精度

2 進小数点

2 進小数点の位置を指定します。

勾配とバイアス

勾配とバイアスを入力します。

最高精度

最高精度値を指定します。

依存関係

[モード]固定小数点を選択すると、このパラメーターが有効になります。

[2 進小数点] を選択すると、以下が有効になります。

  • 小数部の長さ

  • 最高精度のスケーリングを計算

勾配とバイアス を選択すると、以下が有効になります。

  • 勾配

  • バイアス

  • 最高精度のスケーリングを計算

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

小数部の長さ

固定小数点データ型の小数部の長さを指定します。

設定

既定の設定: 0

2 進小数点は正または負の整数になります。

依存関係

[スケーリング][2 進小数点] を選択すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

参考

「固定小数点データ型の指定」.

勾配

固定小数点データ型の勾配を指定します。

設定

既定の設定: 2^0

任意の正の実数を指定します。

依存関係

[スケーリング]勾配とバイアス を選択すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

参考

「固定小数点データ型の指定」.

バイアス

固定小数点データ型のバイアスを指定します。

依存関係

[スケーリング]勾配とバイアス を選択すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

参考

「固定小数点データ型の指定」.

非バーチャル バスの必要条件

バス オブジェクトをデータ型として指定する場合、このパラメーターを使用して非バーチャル バス信号のみを受け入れるかどうかを指定します。

設定

既定の設定: off

オフ

信号を "バーチャル" バスから受け入れなければならないことを指定します。

オン

信号を "非バーチャル" バスから受け入れなければならないことを指定します。

依存関係

次の [データ型] の値により、このパラメーターが有効になります。

  • Bus:<object name>

  • <data type expression>。バス オブジェクトを指定します。

コマンド ライン情報

パラメーター: BusOutputAsStruct
タイプ: 文字列
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

固定小数点ツールや固定小数点アドバイザーによる変更を避けるために、このブロックの出力データ型の設定をロックします。

設定

既定の設定: オフ

オン

このブロックの出力データ型設定をロックします。

オフ

固定小数点ツールや固定小数点アドバイザーがこのブロックの出力データ型の設定を変更できます。

コマンド ライン情報

パラメーター: LockScale
タイプ: 文字列
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

参考

詳細は、「[出力データ型の設定をロックする] の使用」を参照してください。

単位 (m、m/s^2、N*m など)

ブロックに対する入力信号の物理単位を指定します。

設定

既定の設定: inherit

単位を指定するには、テキスト ボックスに入力します。入力中、パラメーターには一致する可能性のある単位文字列が表示されます。サポートされる単位のリストについては、「Allowed Units」を参照してください。

単位系を制約するには、パラメーターの右側にあるリンクをクリックします。

  • Unit System Configuration ブロックがコンポーネントに存在する場合は、そのダイアログ ボックスが表示されます。そのダイアログ ボックスを使用して、コンポーネントに対して許可される単位系と許可されない単位系を指定します。

  • Unit System Configuration ブロックがコンポーネントに存在しない場合は、モデルの [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスが表示されます。そのダイアログ ボックスを使用して、モデルに対して許可される単位系と許可されない単位系を指定します。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

次元 (継承は -1)

入出力信号の次元を指定します。

設定

既定の設定: -1

-1

信号が次元を継承するように指定します。

[n]

n のベクトル信号を指定します。

[m n]

mn 列をもつ行列信号を指定します。

コマンド ライン情報

パラメーター: Dimensions
タイプ: 文字列
値: '-1' | n | [m n]
既定の設定: '-1'

可変サイズの信号

可変サイズの信号、固定サイズの信号、または両方を指定します。

設定

既定の設定: 継承

継承

可変サイズの信号と固定サイズの信号が許可されます。

いいえ

可変サイズの信号は許可されません。

[はい]

可変サイズの信号のみが許可されます。

依存関係

この信号が可変サイズの信号の場合、[次元] パラメーターは信号の最大次元を指定します。

バス オブジェクトを指定すると、バス オブジェクトが無効な可変サイズ信号のみが許可されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: VarSizeSig
タイプ: 文字列
値: 'Inherit' | 'No' | 'Yes'
既定の設定: 'Inherit'

参考

「可変サイズの信号の基礎」

サンプル時間 (継承は -1)

シミュレーションによるブロックの更新間隔を指定します。

設定

既定の設定: -1

サンプルの時間間隔を指定します。サンプル時間を継承するには、このパラメーターを -1 に設定します。詳細は、「サンプル時間の指定」を参照してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: SampleTime
タイプ: 文字列
値: 任意の有効なサンプル時間
既定の設定: '-1'

参考

「サンプル時間の指定」

信号タイプ

入出力信号の数値タイプを指定します。

設定

既定の設定: 自動

自動

数値タイプとして [実数] または [複素数] を受け取ります。

実数

数値タイプを実数値として指定します。

複素数

数値タイプを複素数値として指定します。

コマンド ライン情報

パラメーター: SignalType
タイプ: 文字列
値: 'auto' | 'real' | 'complex'
既定の設定: 'auto'

サンプリング モード

このブロックのサンプリング モードを選択します。

設定

既定の設定: 自動

自動

任意のサンプリング モードが可能です。

サンプルベース

出力信号をサンプルベースに指定します。

フレームベース

出力信号をフレームベースに指定します。

ヒント

フレームベース信号を生成するには、DSP System Toolbox™ がインストールされていなければなりません。

コマンド ライン情報

パラメーター: SamplingMode
タイプ: 文字列
値: 'auto' | 'Sample based' | 'Frame based'
既定の設定: 'auto'

バス サポート

Signal Specification ブロックはバーチャル バスと非バーチャル バスをサポートしています。バス オブジェクトをデータ型として指定する場合、他のブロック パラメーターを次のように設定します。

ブロック パラメーターバス データ型に必要な値
可変サイズの信号いいえ
[サンプリング モード]サンプルベース

Signal Specification ブロックへのバス入力のすべての要素は、バス オブジェクトで指定されている名前と同じでなければなりません。

Signal Specification ブロックへの非バーチャル バス入力のすべての信号は、関連するバス オブジェクトの要素が継承されたサンプル時間を指定する場合でも、同じサンプル時間をもたなければなりません。個々の信号またはバスの中のすべての信号のサンプル時間の変更に Rate Transition ブロックを使用できます。詳細は、「合成信号」「バス対応ブロック」を参照してください。

[モデル コンフィギュレーション パラメーター][診断][接続性]「Mux ブロックをバス信号の作成に使用」診断を エラー に設定しなければなりません。

特性

データ型

double | single | boolean | 整数 | 固定小数点 | 列挙型 | バス

サンプル時間

サンプル時間 パラメーターで指定

直接フィードスルー

あり

多次元信号

あり

可変サイズの信号

あり

ゼロクロッシング検出

なし

コード生成

あり

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?