ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Signal Generator

さまざまな波形を生成

ライブラリ

Sources

説明

サポートされている演算

Signal Generator ブロックは以下の 4 つの異なる波形のひとつを生成します。これらは、正弦波、矩形波、ノコギリ波、ランダム波です。信号パラメーターは、ヘルツ (既定の設定) またはラジアン/秒単位で表示することができます。既定のパラメーター値を使用すると、次の波形のいずれかが出力されます。

波形スコープ出力

正弦波

矩形波

ノコギリ波

ランダム波

負の [振幅] パラメーター値は、位相が 180 度シフトされます。180 度以外で、位相をシフトした波形を発生させるには、Clock ブロック信号を MATLAB Function ブロックに入力して、特定の波形に対する方程式を作成するなどいくつかの方法があります。

シミュレーションを実行中、Signal Generator ブロックの出力設定値を変更することができます。これは、さまざまな入力に対するシステムの応答をすばやく決定するのに有効です。

[振幅] パラメーターと [周波数] パラメーターは、出力信号の振幅と周波数を決定します。スカラー拡張後、パラメーターは同じ次元のパラメーターでなければなりません。[ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈] チェック ボックスをオフにすると、ブロックは[振幅] パラメーターおよび [周波数] パラメーターと同じ次元数の信号を出力します (スカラー拡張後)。[ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈] チェック ボックスをオンにすると、[振幅] パラメーターと [周波数] パラメーターが行または列の 2 次元配列の場合、ブロックはベクトル (1 次元) 信号を出力します。そうでない場合、ブロックはパラメーターと同じ次元の信号を出力します。

ソルバーについて

固定ステップ ソルバーを使用しているモデルの場合、Simulink® は同じステップ サイズをシミュレーション全体で使用します。そうしたケースでの Signal Generator ブロック出力は、理想的な波形に対する等間隔のサンプル表現となります。

可変ステップ ソルバーを使用しているモデルの場合、Simulink はシミュレーション中で異なるステップ サイズを使用する可能性があります。そうしたケースでの Signal Generator ブロック出力は、理想的な波形に対する等間隔のサンプル表現に常になるとは限りません。ブロック出力を常に理想的な波形の等間隔のサンプル表現にするには、Signal Generator ブロックの直接の下流となる位置に Hit Crossing ブロックを追加します。次のモデルは、Hit Crossing ブロックがある場合とない場合における Signal Generator ブロックの違いを示します。

可変ステップ ソルバーを使用しているモデルSignal Generator ブロック出力

サポートするデータ型

Signal Generator ブロックは、double データ型のスカラー信号または実数信号の配列を出力します。

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

波形

波形を指定します。これらは、正弦波、矩形波、ノコギリ波、ランダム波です。既定の設定は正弦波です。シミュレーションを実行中にこのパラメーターを変更することはできません。

時間

波形の時間変数の値のソースとしてシミュレーション時間を使用するか、外部信号を使用するかを指定します。外部時間ソースを指定した場合、ブロックは時間ソースの入力端子を表示します。

振幅

信号の振幅を指定します。既定の設定は 1 です。

周波数

信号の周波数を指定します。既定の設定は 1 です。

単位

信号の単位を [Hertz] または [rad/sec] に指定します。既定の設定は [rad/sec] です。

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

このオプションを選択すると、[振幅] および [周波数] パラメーターの列または行列値は、ベクトル出力信号を発生します (「ソース ブロックの出力の次元の決定」を参照)。このオプションは、外部信号が時間を指定する場合は使用できません。その場合、[振幅][周波数] パラメーターが行列の列または行の値である場合は、出力は 1 次元ベクトルです。

次の Simulink の例では、Signal Generator ブロックの使用方法を示します。

特性

サンプル時間

連続

スカラー拡張

あり、パラメーターによる

離散化

あり

多次元化

あり

ゼロクロッシング検出

なし

この情報は役に立ちましたか?