ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Lookup Tables

Cosine や Sine などのルックアップ テーブル ブロック

ブロック

1-D Lookup Table 1 次元関数を近似
2-D Lookup Table 2 次元関数を近似
Cosine 4 分の 1 波長対称を利用するルックアップ テーブル法を使用して固定小数点の正弦波または余弦波を実現します。
Direct Lookup Table (n-D) n 要素、列、または 2 次元行列を検索するための N 次元テーブルのインデックス付け
Interpolation Using Prelookup あらかじめ計算されたインデックスと小数部の値を使用して、n 次元関数の近似を加速する
Lookup Table Dynamic 動的テーブルを使用して 1 次元関数を近似
Prelookup Interpolation Using Prelookup ブロックのためのインデックスと分割を計算
Sine 4 分の 1 波長対称を利用するルックアップ テーブル法を使用して固定小数点の正弦波または余弦波を実現します。
n-D Lookup Table N 次元関数を近似

例および操作のヒント

ブレークポイントとテーブル データの入力

ルックアップ テーブル ブロックにブレークポイント データセットとテーブル データを指定する方法

ルックアップ テーブルの編集

ルックアップ テーブルの要素を変更する方法

MATLAB からのルックアップ テーブル データのインポート

ダイアログ ボックスの [テーブルとブレークポイント] タブ内でそれらのデータを参照することにより、MATLAB ワークスペースの変数からテーブルとブレークポイントのデータをインポートできます。

Excel からのルックアップ テーブル データのインポート

この例では、Simulink モデルで MATLAB 関数 xlsread を使用してルックアップ テーブルにデータをインポートする方法を示します。

対数ルックアップ テーブルの作成

ルックアップ テーブル ブロックの使用例

Prelookup ブロックと Interpolation ブロック

Prelookup ブロックと Interpolation Using Prelookup ブロックの併用例

ルックアップ テーブル ブロックの新しいバージョンへの更新

既存モデルを最新バージョンのルックアップ テーブル ブロックを使用するように更新するためのプロセス

概念

ルックアップ テーブル ブロックについて

ルックアップ テーブル ブロックの概要

ルックアップ テーブルの構造

ルックアップ テーブルの要素の紹介

Lookup Tables ブロック ライブラリ

Lookup Tables ライブラリのさまざまなブロックの説明

ルックアップ テーブル選択のガイドライン

アプリケーションに最適なルックアップ テーブルの選択方法

ルックアップ テーブル データの特性

ルックアップ テーブル データの要件と不連続データの表現方法の簡単な説明

欠損点の推定方法

ルックアップ テーブル ブロックで欠損出力値の推定法を設定する方法

生成コードのルックアップ テーブル ブロックに対する最適化

生成したコードをルックアップ テーブル ブロック用に最適化するためのヒントを提供する

ルックアップ テーブル用語

Simulink® モデルでルックアップ テーブルについて説明するための用語

この情報は役に立ちましたか?