ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルの構成

ブロック パラメーター、信号の範囲、初期状態、データ型、サンプル時間の構成

ブロック パラメーター、信号、状態およびモデル全体の設定を調整して、モデルの動作を設定できます。これらの設定を使用して、以下を実行できます。

  • モデルの数学的な動作の制御。

  • コンピューター ハードウェア上でのシステム動作のシミュレーション。

  • ブロックの実行レートおよびシミュレーションの数値精度の制御。

  • さまざまな初期条件のシミュレーション。

  • ブロック
    ブロック パラメーターの設定によるブロック動作のカスタマイズ
  • 信号
    信号の範囲と次元の構成、信号と離散状態の初期化
  • Simulink の単位
    Simulink® 信号の単位指定関数と単位変換関数
  • 変数
    モデル ワークスペース、シンボル、データ オブジェクトおよびデータ クラスを使用した変数値の代入
  • サンプル時間
    ブロックの実行レートの制御、離散、連続またはハイブリッドのサンプル時間の割り当て
  • データ型
    信号とブロック パラメーターへの特定のデータ型の割り当て、列挙型の定義
  • モデル、ブロックおよび端子のコールバック
    モデル化イベントのコードを実行 (モデルを開くなど)
この情報は役に立ちましたか?