ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロック

ブロック パラメーターの設定によるブロック動作のカスタマイズ

Simulink® モデルを作成するには、ブロック線図にブロックを追加してから、それらのブロックを接続および構成します。数値ブロック パラメーターに値を代入することでシミュレーション中のブロック計算を制御したり、外観を制御するブロック プロパティを調整できます。

ブロックのパラメーターとプロパティを調整すると、以下のことを実行できます。

  • モデルを設計しながらパラメーター値で実験する。

  • パラメーター値を推定することで、シミュレーション結果と測定データを一致させる。

  • パラメーター値を最適化することで、効率的な制御アルゴリズムを設計する。

  • ブロックをドキュメント化し、外観をカスタマイズする。

ブロックとモデルの間で共有できるグローバル変数を作成することで、システム定数を定義します。

関数

set_param システムとブロックのパラメーター値の設定
get_param パラメーターの名前と値の取得

クラス

Simulink.DualScaledParameter Simulink の 2 つのスケール パラメーターの名前、値、単位、その他のプロパティの指定
Simulink.Parameter ブロック パラメーターの値、値の範囲、データ型、およびその他のプロパティを指定

トピック

ブロック パラメーター

ブロック パラメーター値の設定

パラメーター値のタイプを選択してその値を設定し、パラメーターのデータ型を決定する方法について説明する概念トピック

変数の作成によるブロック パラメーター値の共有と再利用

Gain ブロックの [ゲイン] パラメーターなどのブロック パラメーター値を設定するには、作成後にベース ワークスペース、モデル ワークスペース、Simulink データ ディクショナリなどのワークスペースに格納した数値変数を使用できます。

再利用可能なコンポーネントのパラメーター インターフェイスの設計

サブシステム、モデル参照およびカスタム ブロック ライブラリを使用して、モデルとブロックを他のモデルで再利用できるコンポーネントにパッケージ化することができます。

関連するブロック パラメーター定義を構造体に整理

MATLAB® 数値変数を使用してモデルでブロック パラメーター値を設定する際、大規模モデルでは多数の変数が累積されている場合があるため、保守作業が増えたり変数名が長くなったりする可能性があります。

ブロック パラメーター値の調整と試行

モデルの作成時に、Transfer Fcn ブロックの係数などのブロック パラメーターを試して、使用するブロックを決定することができます。

ブロック パラメーター値の最適化、推定およびスイープ

1 つ以上のパラメーターを "スイープ" するときは、シミュレーションの実行ごとにそれらの値を変更し、各実行の出力信号データを比較および解析します。

シミュレーションおよびコード実行時のパラメーター値セットの切り替え

同じブロック パラメーターの複数の独立した値のセットを保存するには、構造体の配列を使用します。

ブロック パラメーターのデータ型

Simulink がモデルをコンパイルするとき、モデルの各ブロックでは MATLAB 式を使用して指定されるパラメーター値を格納するデータ型を判定します。

ブロック パラメーター値の範囲の制御

モデルを他のユーザー用に開発する場合は、ユーザーが指定の範囲外のブロック パラメーター値を設定できないようにすることで設計を保護できます。

ブロック固有のパラメーター

特定のブロックがもつパラメーター

ブロック プロパティ

ブロック プロパティの設定

モデル内の各ブロックに対して、次のようなブロックの一般プロパティを設定することができます。

ブロックとユーザー データの関連付け

set_param コマンドを使用すると、ユーザー独自のデータをブロックに関連付けられます。

この情報は役に立ちましたか?