ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

window

ウィンドウ関数ゲートウェイ

構文

window
w = window(fhandle,n)
w = window(fhandle,n,winopt)

説明

window では、ウィンドウの設計と解析ツール (wintool) が開きます。

w = window(fhandle,n) では、関数ハンドル fhandle で指定された n 点のウィンドウが、列ベクトル w に返されます。関数ハンドルは、次のようにウィンドウ関数名の前に @ を付けたものです。

@barthannwin
@bartlett
@blackman
@blackmanharris
@bohmanwin
@chebwin
@flattopwin
@gausswin
@hamming
@hann
@kaiser
@nuttallwin
@parzenwin
@rectwin
@taylorwin
@triang
@tukeywin

    メモ:   chebwinkaiser、および tukeywin の場合は、以下の構文を使用してウィンドウ パラメーターを含めなければなりません。

    各ウィンドウ関数とそのオプションに関する詳細は、対応するリファレンス ページを参照してください。

w = window(fhandle,n,winopt) では、関数ハンドル fhandle と、対応する winopt 値またはサンプリング フラグ文字列で指定されたウィンドウが返されます。chebwinkaiser、および tukeywin の場合は、winopt 値を入力しなければなりません。以下の表に示すその他のウィンドウの場合、winopt の値はオプションです。

ウィンドウ

winopt の説明

winopt の値

blackman

サンプリング フラグ文字列

'periodic'または 'symmetric'

chebwin

メインローブに対するサイドローブの減衰量

数値

flattopwin

サンプリング フラグ文字列

'periodic'または 'symmetric'

gausswin

アルファ値 (標準偏差の逆数)

数値

hamming

サンプリング フラグ文字列

'periodic'または 'symmetric'

hann

サンプリング フラグ文字列

'periodic'または 'symmetric'

kaiser

ベータ値

数値

taylorwin

1. サイドローブ数
2. メインローブ ピークに対する最大サイドローブ レベル (dB)

1. 1 以上の整数
2. 負の値

tukeywin

定数部に対するテーパー部の比

数値

ブラックマン・ハリス、ハミング、および ガウス ウィンドウを作成し、同じ WVTool 内にプロットします。

N = 65;
w = window(@blackmanharris,N);
w1 = window(@hamming,N); 
w2 = window(@gausswin,N,2.5); 
wvtool(w,w1,w2)

この情報は役に立ちましたか?