ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dpssload

離散扁長回転楕円体列をデータベースから読み込み

構文

[e,v] = dpssload(n,nw)

説明

[e,v] = dpssload(n,nw) では、DPSS MAT ファイル データベース dpss.mat から長さ n のすべてのシーケンスが読み込まれ、e の列には時間と帯域幅の積 nw が、ベクトル v には対応する集中度がそれぞれ返されます。関数 dpssave を使用して dpss.mat ファイルを作成します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?