ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ボディ

ボディのジオメトリ、慣性、色および座標系をモデル化する

マルチボディ システムを構成するボディをモデル化します。それぞれのボディは、剛結合された固体セクションのグループとして扱います。Solid ブロックを使用して固体セクションを表し、Rigid Transform ブロックまたは直接の座標系接続ラインを使用してそれらを接続します。ボディのモデル化手順の概要は、ボディ サブシステムの作成を参照してください。ボディをモデル化する方法を示す例は、リンクのモデル化を参照してください。

Simscape ブロック

Graphic Marker with graphic properties
Inertia Mass and inertia tensor of solid mass
Solid Solid element with geometry, inertia, and color
Spline Cubic interpolating plane or space curve
Reference Frame Non-inertial reference frame
Rigid Transform Fixed spatial relationship between frames
World Frame Inertial reference frame

例および操作のヒント

カスタム断面をもつ形状

ドーム形のモデル化

円い断面をもつ回転体をモデル化することができます。

ボックス ビームのモデル化

穴のある押し出しをモデル化することができます。

複合ボディ

リンクのモデル化

剛結合された固体のグループとしてリンクをモデル化する

マウントのモデル化

六角形のマウントを、剛結合された固体のグループとしてモデル化する

座標系と慣性

対話形式による固体座標系の作成

Solid ブロックの座標系作成インターフェイスを使用して固体座標系を作成する

カスタム慣性の指定

固体の慣性テンソルと重心を明示的に指定することができます。

概念

モデル化と可視化

ボディ サブシステムの作成

ボディのモデル化のワークフロー

Simscape Multibody のボディ

ボディは、Simscape™ Multibody™ モデルの基本的なコンポーネントです。

固体とボディの可視化

可視化は、Simscape Multibody のモデル化ワークフローに欠かせない部分です。

固体特性

固体のジオメトリ

ジオメトリは、Simscape Multibody モデルで指定できる 3 つの固体特性の 1 つです。

回転形状と一般押し出し形状

[General Extrusion][Revolution] の形状を使用して、軸に沿って、または軸の周囲で一定に維持される任意の断面をもつ固体をモデル化できます。

固体の慣性

Inertia ブロックと Solid ブロックに入力する慣性モーメントと慣性乗積の定義

固体の色

Simscape Multibody で指定できるさまざまな固体の色のタイプについての概要

座標系

座標系の取り扱い

Simscape Multibody 座標系の概要

ワールド座標系と基準座標系

座標系のタイプの概要

座標系の表現

座標系は、座標系端子、座標系ライン、座標系ノードを使って表します。

座標系変換

剛体変換による座標系の追加

トラブルシューティング

座標系の問題の検出と修正

無効な座標系接続がモデルにある場合、Simscape Multibody によりエラーが表示され、モデルのシミュレーションは実行されません。

この情報は役に立ちましたか?